ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの記者会見が行われました。

デスペラード選手とDOUKI選手が同門でバチバチになった件が話題ですが、DOUKI選手が好きな自分としても噛ませ犬発言はワードミスだったなとは思うんですよね。
そもそも全然噛ませ犬じゃないですし、新日本プロレスでの存在感と支持を得ている状態までのし上がっているわけですし。

周りがいつまでも「泥水すすって~」のキャラで推すから悪いってのもあると思うんですけどね。

前々から書いている思いなのですが、新日本プロレスで何年も戦ってきているので泥水キャラ固定にする必要がないですし、周りがそういう流れに持っていくから「俺なんて噛ませ犬だ」みたいな立ち位置の発言をする方が適している感じになってしまうわけで・・・

デスペラード選手からすれば「こんなに期待している仲間のDOUKIはまだそんな気持ちで戦っているのか」と残念だったゆえの怒りだったように思うんですよ。

特にこの1年、さらなる進化と支持を得ているDOUKIが葛西純の激しい攻撃を受けきったと。
デスペラード選手からすれば頼もしいパートナーだったでしょう。
そんな思いを「噛ませ犬」発言でガクッと来たのではないでしょうか。

まぁ、タイチ選手が長州力ワードのオマージュで盛り上げているのでその流れもあったとは思うんですけど(笑)

ただ、これでDOUKIvsデスペラードは盛り上がること間違いないですし、これだけ外様が参加するベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの中でのDOUKI優勝→トップへというところまで私は期待してワクワクして応援していますので、戦前から話題が生まれたことは良かったなと1ファンとして思います。

で・・・記者会見のMVP?いやMVTALKはやっぱりリンダマン選手ですね。
昔からですけどトーク力が高い、抜けてましたね。

後は・・・アキラ選手、童顔でヒゲは微妙だなと(笑)

全日時代の可愛いアキラでまだ良いと思うんですよ、めちゃくちゃ若いのですし。

まぁエンパイアの中に入ると多少貫禄も必要なので仕方ないかもしれませんが。

ところで、全日ファンからすれば複雑だけど頑張ってほしいと思っている人が多いでしょう、フランシスコアキラの参戦ですが・・・最初はね、デスペラードと石森に割って入ってきたので「今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの台風の目はアキラか!?」と期待したと思うわけですよ。

ところがどっこい、参戦選手が多くなったので「アキラ、埋もれて終了」パターンも十分にありますし、そうなってほしくないですが確率としては・・・高いかもしれません。

全日で行われたアキラvsリンダマンは良い試合でしたし、ベストバウトはやはり世界ジュニアを手にしたvs岩本煌史戦だったと思うのですが、あの試合はアキラの能力の×1.5~2.0倍ぐらいまで岩本煌史が引き出した試合です。

兎にも角にも岩本煌史はそれが上手い選手で、全日のジュニア戦線が手薄なのに何とか成立していたのは岩本煌史の「相手の力を引き出す王者力」が高かったからでしょう。

今回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアは「爪痕を残したい」と思う立場の選手が多いだけに、アキラを引き出すより自らを見せたい選手が多いはずです。

そうなった時にアキラがどこまでの実力を見せることができるのか、これも1つの注目ポイントですね。

Twitter