新日本プロレスの後楽園ホール大会のセミでCIMAと金丸がシングルをしているという光景は何とも不思議。

会場で声が出せる状況だったらどんな感じになったのか見てみたかった。

この日はオカダ・ワトも面白かったですが、個人的には後藤洋央紀が勝ち進めてホッとしました。

というのはCIMAvsTAKAみちのく→金丸→東郷みたいな可能性が結構あるのかなと思っていたので・・・

ただ個人的には後藤洋央紀選手の言葉通りで、そろそろオカダと戦わないとCHAOS入りしたあの日の決断がさっぱり意味不明になりますし、IWGPを持つオカダからIWGP初戴冠をしないと本当に後藤洋央紀とは何だったのだということになってしまうわけです。

オカダ絶対政権の時に「オカダに勝つためにCHAOSに入る」という謎の言葉を残し加入(いや、遠くなるじゃん!というファンのツッコミが飛び交う)。

結果的にオカダとの対戦が激減して今に至るわけですが、後藤洋央紀がてっぺんに一度も立たないというのは流石に神様の悪戯にもほどがあると私は思うので。

今回のNJC、個人的には後藤洋央紀の優勝からの初戴冠へ

もしくは小島聡優勝からのIWGP最年長記録更新へ

という2つ。ここに希望を託して観戦しております。

Twitter