NEVER6人王座チーム・EVIL・高橋裕二郎・SHO、そしてディック東郷の「ザ・日本の暖かい家族」...じゃないわ、HOUSE OF TORTUREが後藤洋央紀・YOSHI-HASHI・YOHの挑戦を退けて王座を防衛。
EVILはNEVER2冠王という立場を維持しつつ、HOUSE OF TORTUREとCHAOSの全面対抗を打ち出しました。

どうやらEVILと高橋裕二郎で後藤洋央紀とYOSHI-HASHIのIWGP王座に挑戦しそうですし、石井はEVILのNEVER獲りへのリマッチをご希望の様子。

まぁファンからの批判が多いHOUSE OF TORTUREですが「声が出せないプロレス」という歴史上初の事態の中でのヒール像の先駆けとしての役割は実はめちゃくちゃ大きいのではないかと思うようになってきました。

コロナ拡大でまた無観客試合に戻るぐらいの空気もありますが、そうでなくても声出し禁止は下手すると「常識」として永遠にこのままかもしれません。

特にプロレスファンは行儀が良いので・・・

サッカー・野球では割と歓声が上がってますし、RIZINなんか普通にずっと声援が出ている状況。

でもプロレスファンは頑なにプロレスを守るために行儀を良くしています。

この静まり返った手拍子だけの会場でヒールという立ち位置がどこまで成立するのか、どういう形が正しいのかを後世に残す役割がHOUSE OF TORTUREにはあるのではないか・・・と。

 

で、めっちゃどうでもいいんですけど新日公式サイトでのEVILのプロフィールに2020年夏の二冠奪取の記述が無いんですね(笑)

しかも主なタイトル奪取歴にもIWGPとインターコンチネンタルは記載されてないんですよ。

https://www.njpw.co.jp/profile/746

これ酷いよなぁ。

Twitter