イッテンヨンで高橋ヒロムとの激闘を制し、恐らく「一旦の区切り」となったこの二人の闘い。
試合後にはデスペラードがリンダマンの名前を出すというサプライズもあり、NOAHの闘いもあり、なおかつ他団体の選手のことをかなりチェックしリスペクトをしてSNSで接しているデスペラードが「対他団体」との防衛戦を仕掛けていくのか?
そう思っていたところでのイッテンゴで何とマスターワトの新技ベンダバールでギブアップしてしまったデスペラード。

これにより当然マスターワトがデスペラードへの挑戦を表明。
デスペラードは「リンダマン君ごめん。ちょっと先にやることができてしまいました。」とワトを片付けてからリンダマンと闘うことを口にしました。

新日だけしか見ない人からするとCIMA選手ですら「誰やねん!」と言っている人がいたので、リンダマンやTホークなども知らない人が多いのかもしれませんが・・・リンダマンは相当面白い凄い選手ですからねぇ。
デスペラードとリンダマンはぜひ見てみたいカードなのですが、ワトが王座剥奪をした場合はどうなるでしょうか?
仮にGREAT参戦・NOAHとの対抗戦も続くとなると今のワトが新日ジュニア代表として戦っていく姿はまだ想像ができないんですよね・・・

Twitter