ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア、決勝戦は高橋ヒロムがYOHから勝利を手にして優勝。
これにて高橋ヒロムとデスペラードのIWGPジュニア戦が東京ドームで組まれることになるはず。

どうしても「またヒロムとデスペかよ」という声もありますが、それは結果的にというだけの話。
今年のリーグ戦を見ていれば「ジュニアはヒロムとデスペだけじゃない」と思えた良い大会だったと思うんですよ。

ワトにジュニアの未来を感じたファンも多いでしょう
DOUKIのプロレスに魅力を更に感じたファンもかなり増えたでしょう
※周りがいつまでも泥水トークしたらダメだと思う。
そしてやはり本気の大会は凄い田口、裏MVPとも言える金丸
実質的にジュニアらしいという部分でトップなのは石森・ファンタズモ・ロビー説ってところもありますし、またSHOの大化けまで含めて素晴らしいジュニアの未来を感じる大会でした。

で・・・

このベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを終えて思ったこととして一番強い気持ちがあるんですよ。

それは・・・

『SHOとYOHが仲違いしている理由、消えてないか?』と(笑)

そもそもから多くのファンが疑問に感じ、僕も何度か書いてきたことですが3Kの決裂からの経緯がめちゃくちゃで解決されていないわけです。

【出演者】
定期的に不振になるが感情が見えないイケメンYOH
そのYOHを信頼していたが腹が立ってきたイケメンSHO

【経緯】
YOHに対してついに三行半をつきつけたSHO

※兄弟喧嘩と言われたこの争いにCHAOSのお兄ちゃんたちはほぼスルーを決め込む

これならYOHを追放するのが普通だが(見限ったのだから)なぜかSHOがEVIL側へ裏切りを決め込む(理由不明・前フリ無し)

※SHOがCHAOS全体を見下して見限った経緯無し、というかそんなこと思ってないはず

突然「マーダーマシンSHO」(※殺人マシーン)となり、スパナで殴ったり敬語を使ったり面白コメントを出したりと覚醒して、ヒールというか人気者になってしまう

何もフォローしてあげていなかったCHAOSのお兄ちゃん達が後から怒り出す

失踪したYOH、突如あまり雰囲気を変えずにリングに戻ってくる

BOSJで連敗スタート→覚醒?→連勝→優勝決定戦でヒロムと好勝負

という感じですが、まぁ何から何までよくわからない。

それに、SHOの不満はCHAOSにではなく「YOHさん頑張ってくれよ」というものだったはずなので、YOHがここまで飛躍したら・・・解決!3K復活!でもいいぐらいの話です(笑)

でも、なぜかHOTのマーダーマシンとなったSHOが絶妙に良いキャラとして目覚めてしまったので、YOH側の解決はもう何の意味もない。

結果オーライで面白いけど、後々からこの二人の歴史を振り返る時に「この意味のわからない流れからお互い覚醒」の部分をプロレスファンがどれだけ頭を使っても面白話になってしまうのはね・・・

 

なので、今回のSHOの乱入がなければYOHとの喧嘩の理由もほぼなくなりかけてましたから、やっぱりSHOの乱入は正解だったと思うんですよええ。

 

Twitter