ワタリを頑張ってきたヘナーレがセコンドに回されてジェフ・コブとオーカーン組となり、内藤哲也とSANADAとの試合が組まれた両国大会。

「おい、ヘナーレを出せよ」

正直そう思いましたよ、だってこれシリーズの最終日でしょ?
ヘナーレが可哀想だよなぁと思いましたし、本人もSNSでは不満がありそうな感じでしたからね。

ただ、東京ドームへ向けてここで急遽因縁を作ることも必要なこと。
唐突ではありましたが

・内藤哲也とジェフ・コブ
・SANADAとオーカーン

このシングル戦が組まれることになりそうです。

東京ドームでのスペシャルシングルマッチとなりそうですが、結構重要なカードになりそうですよね。

イッテンゴが終わった時点でIWGP王者はオカダ・鷹木・オスプレイの誰かになっているわけですが、オスプレイの場合ならジェフ・コブを倒した内藤哲也orオーカーンを倒したSANADAのどちらにしてもvsエンパイアの終着駅になります。

また、オカダが王者になるなら2021年の流れのままジェフ・コブを迎えての本当の決着戦、オーカーンとの新日のこれからを占うようなカード、内藤哲也との遭遇再び、SANADAがついにオカダを倒してIWGPを手に、など誰でもOK。

鷹木信悟が王者の場合は内藤哲也やSANADAとの同門対決・・・はなさそうですよね、東京ドームのメインで鷹木信悟が勝利すればロスインゴ全員で締めるでしょうから。

なので内藤哲也とSANADAがこの立ち位置でこのカードを行うとなると本命オスプレイ・対抗オカダなのかなと思いますが、何にしても内藤哲也ファン・SANADAファンからすればこの二人がIWGP戦線に戻る可能性を含む東京ドームのシングルマッチはかなり楽しめるのではないでしょうか?

Twitter