結局のところ、SHOがYOHに三行半をつきつけたからと言って「どっちがCHAOSを出ていくのか?」が不明確だった3K問題。
いや、何なら別にどちらも出ていかなくても道理はあるとすら思えるぐらいの状況の中で行われたSHOとYOHの一戦。

3Kで組んでいる時は相手からもファンからも「感情が見えない」と言われていた二人が対峙すれば感情的な試合になるという、ある意味では本末転倒な感じもしましたが、この二人にとって組んでいた歴史よりも遥かに今後の歴史の方が面白くなるであろう予感は間違いないところ。

試合中に「YOHさん!」と敬語で牽制したり、試合終盤はきっちりEVILムーブでBULLET CLUB入りを予感させるなどSHOの行動がいい感じでしたし、コロナ禍で中々全体合流ができないBULLET CLUBにSHOという日本人が加入したのは今後のユニット抗争での変化がついて面白そうですね。

試合後にEVILは「マーダーマシン・SHO」というとんでもねぇネーミングセンスでSHOを殺人マシンとして紹介し、またBULLET CLUB入りですが「HOUSE OF TORTURE」まぁ拷問の家となる名称の4人としてEVIL、ディック東郷、高橋裕二郎、SHOでのBULLET CLUB内派閥のようなものをアピールしました。

BULLET CLUBと言えばお家騒動が過去にもありましたが、海外勢が戻ってきたときに「新日で戦ってきたのは俺達だ」とHOUSE OF TORTUREとしてジェイやタマらと争う構図もあるのかもしれません。

石森とファンタズモのタッグとの関係性も気になるところですし、これは新展開として先々期待できそうです。

 

で!

 

思い返すともう2年か3年か前、ジェイ・ホワイトが「CHAOSにもう1人裏切り者がいる」という伏線を張ったものの、YOSHI-HASHI転倒事件にてそれが無くなり(後にYOSHI-HASHIがオカダを裏切ろうと思っていたとコメントを出すも公式が削除)何も怒らなかったアレ」は「SHOのことだったんだ!」と脳内補充するのも良いのではないでしょうか。

まぁ大半のファンの人がジェイのその発言自体を忘れていると思いますが、伏線ってのは回収しないと気持ち悪いのでこれで回収したと脳に言い聞かせるのが吉。

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter