石森太二の3Kに対するコメントを聞いて「辛辣」と思う人もいれば「3Kのためによく言ってくれた」と思う人もいるかと思いますが、私が思ったのは会場のファンが静まってしまうほどの正論を石森選手に言わせてしまっているYOHとSHOはそろそろ覚悟を決めてほしいなということでした。

コメントでは意気揚々と自信満々なのですがそれがファンにはあまり伝わっていないですし、これから新日本プロレスを背負う生え抜きの二人が外から新日本プロレスに来た選手にド正論をかまされ、それをファンが支持しているという状態をここからまだ何年も続けていく時間は無いと思います。

YOHとSHO、ルックスが良く試合だって別に悪いわけではない。
ただ多くのレスラーが言うように気持ちが見えない、これは先入観もあるかもしれませんがそれでも対峙しているレスラーがそう言うならファンだって同じです。

逆に言えばこの二人がルックスに恵まれていないレスラーだったらどうなっていたのか...

何が悲しいって、この二人はBOSJなどで離れ離れになった時は「おっ?」とファンを思わせる変化があるわけです。
そしてSHOに関しては相方の欠場中に一気に開花したと言われているのに、3Kに戻ってしまうとまたもとに戻ってしまう。

ずっと一緒だったこの二人。
その時間が重荷になりすぎているのかもしれません。

石森太二は「チャンピオンらしくプロレスしろよ」と言いましたが、3Kがヤングライオンの匂いが抜けないところにも不満があるのではないでしょうか。
ヤングライオンの魂は持っていてほしいですが、ヤングライオンの匂いがするには相応しくないキャリアと実績を積んできた二人なのですから。

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter