高橋ヒロムがSHOを下し王座防衛|狂乱の聖帝、タイチがアイアンフィンガー奪還も反則負け|BUSHIはマスターワトに貫禄勝ち

広島決戦の初日、メインイベントは高橋ヒロムとSHOのIWGPjr戦。
挑戦者のSHOは高橋ヒロムの腕にターゲットを絞っての戦いを見せ、腕十字で決めるというプランで戦いましたが...
メインのフィニッシャーであるショックアローが首へのダメージを与えるものであることを考えると、首に爆弾を抱える高橋ヒロムが相手なら腕より首を狙うほうが良かったのかもしれません。
何せ高橋ヒロムは「腕の1本ぐらいもっていけ」と平気で言いそうなタイプですからね...結果的に追い込まれて追い込まれて腕十字を食らいながらも反撃をするヒロムの意地から結果的にTIME BOMBとしてTIME BOMB Ⅱへと持っていかれてしまったわけですから。


ただ、これでSHOもまた1つレベルが上がっていくことでしょうし、すでにロッポンギ3Kの元々のチャラいコンセプトとは大きく離れたところに立ちました。
YOHの復帰の形、そしてその後の展開でまた戻っていく可能性もありますが...ただ高橋ヒロムと共に新日ジュニアを盛り上げる中心となる選手としてこれから楽しみな存在であることをファンに見せることは間違いなくできたと思いますし、今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでの飛躍に期待がかかりますね。

一方の王者高橋ヒロム。
V1にして絶対王者感を感じるほどの存在ですが、試合後にはタッグについても言及。

タイトル戦後に乱入し挑戦を表明したファンタズモに対して「挑戦させてやるからBUSHIとヒロムでタッグに挑戦させろ」と条件をつけました。

実現すれば高橋ヒロムorファンタズモがジュニア二冠王になる可能性が出てきますが、ジュニア二冠というよりも高橋ヒロムはBUSHIとのタッグベルトの戴冠という1つの目標を残したままですのでその実現をしたいという思いが強いのではないでしょうか。

タイチ、アイアンフィンガーを奪還も反則負けでベルトの奪還はならず

因縁のIWGPタッグ戦、王者GoDと前王者タイチ・ザック組の試合はタマ・トンガに奪われていたアイアンフィンガーをタイチが奪還し、そして...使用しての反則負けという裁定が下りました。

狂乱の聖帝、飯塚高史が乗り移ったかのような狂いっぷりには驚きましたがタイチからすればベルトよりアイアンフィンガーが重要だということなのかもしれません。

試合後のザックは「いずれ取り戻すが」ということでIWGPタッグ路線からの離脱を示唆していますし、亀裂が入ったとは思いませんがこれにてタイチとザックのタッグ戦線は一度ピリオドを打つのかもしれません。

しかしここからタイチはどこへいくのか?

この狂乱のままニュージャパンカップへ...?

マスターワトにBUSHIが快勝、狙いはベスト・オブ・ザ・スーパージュニア

いよいよシングル決着戦を向かえたマスターワトとBUSHI。
流石にここでワトが意地を見せなければ、いや結果を出さなければいよいよこの1年何だったんだ?となる崖っぷち状態でしたが...勝者はBUSHI。

正直まだまだ余裕があるように見えたBUSHIの貫禄勝ちでしたが、ここでおいそれとIWGPへ名乗り出ないBUSHI。

別に川人に勝ったぐらいでさ、挑戦できるの? そんなの納得しないでしょ。俺だって納得しないよ。」

「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで優勝」

という大きな目標を立てて万全の状態、文句なしの状態でジュニアの頂点を狙う構えをみせました。

一方のマスターワトは...23歳という若さではありますが、凱旋帰国からの現状は「コスチュームの自由なヤングライオン」状態。

俺の青い炎、消えてねえからな」とは口にしたものの、その青い炎が燃え盛るところをハッキリを見せることができていない。

「楽しかった」とも口にしていますがそういう状況でもないのではないでしょうか。

グランドマスターへの道というのも未だフワッとしていますし、もっとギラギラしたワトを見せてほしいものです。

天山広吉は凱旋帰国後に野心と勢いで一気にプロレス界の話題を独占し中心に立ちました。

ワトが天山広吉から受け継ぐものはTTDでもアナコンダでもなく、あの猛牛の勢いであってほしいのですが...

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

 

Twitter