ワールドタッグリーグ2020、SANADA・鷹木信悟が単独首位へ

絶妙なコンビネーションと個の力で一気にタッグ戦線の中心になりそうなSANADAと鷹木信悟。
対する後藤洋央紀とYOSHI-HASHIはここで負けると現時点で負け越しになる重要な試合でした。

合体技が豊富は後藤洋央紀とYOSHI-HASHI組ですが、要所要所で個の力で押されるところがあり最終的にはSANADAのスカルエンドでYOSHI-HASHIが敗北。
これにて単独首位となったロスインゴ組ですが、試合後には鷹木が後藤を挑発&試合中にもちょいちょい鷹木が「せーーの!」と言いながら後藤とYOSHI-HASHIを小馬鹿にするなど、何かこの先も因縁が生まれそうな試合ではありました。

ところで、試合後にはSANADAが自主的にマイクで締めましたが...
いい声をしていますしもっともっと主張してほしいなという気持ちが強くなりました。
試合後はノーコメントでしたが、SANADAが天下を取れない大きな理由が言葉でのアピールだと思いますからね...

さて、この先の公式戦を考えるとジュース組・オーカーン組・GoD・棚橋組を戦うことになりますが、この中で言うとオーカーン、コブ、棚橋辺りが鷹木から直接取ればNEVER挑戦がありえるかもしれません。

例えば棚橋がNEVERを取った場合に完全にNEVERの色が変わることになりますが、そういう世界観も見てみたいような・・・

タイチがタマトンガ・タンガロアに対して「決勝に上がってこい」と挑発

オーカーンとコブ、THE EMPIREからするとこのワールドタッグリーグで最大限の結果を残さないとかなり中途半端な存在(オスプレイのボディガード)で終わってしまいそうな不安感を口にするファンが多い中で、大一番とも言えるIWGPタッグ王者タイチ・ザックとの対戦が行われました。

パワーで主導権を握りるEMPIREでしたが、ここ最近の終盤の連携と瞬発力を武器にしたタイチ・ザックがザックメフィストで勝利。

試合中には「靴をなめろ」と挑発されたタイチでしたが試合後には王を平伏させて靴をなめさせようとするなど因縁が生まれ、王と聖帝の第一次世界大戦は聖帝に軍配が上がったというところでしょうか。

さて、試合後のタイチはタマトンガ・タンガロアに対して「決勝に上がってこい。マジでむかついたぞ、お前ら。邪道含めて。ぶち殺してやる」とコメント。

アイアンフィンガーを使われたことへのタイチの怒りは収まりそうにありません。

一方、そのタマ・タンガロア組は矢野に丸め込まれて痛恨の敗北。


何だかんだで勝ち星を伸ばしている石井・矢野組が最終戦でタイチ組と当たるということを考えると、決勝でのタイチ組とタマ組の実現は難しいか?

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter