全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦【開幕戦】|大冒険は解散?
スポンサーリンク

ようやく開幕となった全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦。
今月頭にコロナウイルスの陽性が発覚してしまったゼウスが2週間後の検査でも陽性という結果となり、ゼウス・入江組がイザナギ・入江組になるというアクシデントはありましたが、何にしてもコロナ患者が増えてる中で開催ができることだけでも幸せなことですね・・・

TAJIRI・田中将斗とヨシタツ・崔領二の公式戦から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦ですが、兎にも角にも田中将斗という選手はどの時期を切り取って見ても凄い選手だなと改めて思いました。

落ちないスピードと落ちない闘志というか、躊躇が無いことへの魅力が凄いですね。

テーブルの上に倒れるヨシタツに対してトップロープから場外へダイブするにしても、トップロープに登ってから飛ぶまでのスピードが早いのなんのって。

プロレス初見の人から「なんで避けないの?なんで溜めるの?」なんて質問をされることはプロレスファンの宿命ですが、田中将斗に関してはそういう質問が飛んでこないですよ。
このスピードと躊躇の無さが説得力というのを生んでいるのかもしれませんね。

そんな中でリング上の全てを手のひらに入れて戦うTAJIRIとのコンビは確実にこのリーグ戦の台風の目になるでしょう。

岩本煌史の対ヘビー級とジェイク・リーの並々ならぬ気合い

ゼウスの代わりに入江と組んだイザナギもジュニア代表という立場にはなりますが、世界ジュニア王者である岩本煌史が持つジュニア代表の重さは相当に重いものがあります。

この試合でも恐らくゼウスと入江というパワーファイターを相手にリアルジュニアヘビーとしての戦いを見せたいと思っていたはずですので、ゼウス欠場ということで肩透かしを食らった一番の選手が岩本だったのではないでしょうか。

ただ試合が始まれば「岩本と入江がシングルタイトル戦を戦うシチュエーションを全日本プロレスで見てみたい」と思うほどの激戦でしたね。

スピードが圧倒的に長けているがパワーもヘビー級に遜色ない岩本とパワーと勢いが底知れないがスピードもある入江という構図の戦いでしたが、ハードヒットと強烈なパワーはやはりジュニアの岩本を追い込んで行きました。

ただ、岩本も手数やスピードで応戦すると軽々と高角度の裏投げで入江をぶん投げるなど今後のリーグ戦での対ヘビー級に心配ご無用と言わんばかりの攻撃を披露。

ジュニアとしてヘビーを倒すというテーマを常に持って3年間準備してきた岩本。
ヘビー級の選手が1ミリでも舐めてかかると痛い目に合うでしょう。

そんな構図がある中、序盤から珍しいほどイザナギへ厳しい攻撃と厳しい言葉を投げかけていくジェイク・リーの気合いというのもこの世界最強タッグへの思いが見える見どころでした。

ジェイクとすれば三冠ヘビー級王座にあと一歩で届かない2020年でしたし、今でもあと一歩の場所にいるとは思いますがネクストチャンスは暫く先になってしまいそうです。

そう考えるとここで優勝して岩本との世界タッグ挑戦、そしてその場で諏訪魔を倒して三冠ヘビー級王座を狙うという最短ルートを狙っているかもしませんね。

最後は「これで決まるか!?」と思うシーンが10回近くもある中でジェイク・リーが勝利。

元アジアタッグ王者としても陣の今後を考える上でもこのリーグ戦で実績を残したいであろうジェイク・岩本のこれからの公式戦も楽しみですね。

スポンサーリンク

アンファンテリブルは暴走大巨人を圧殺リベンジに成功

世界タッグ戦のリマッチの構図になった諏訪魔・石川と芦野・羆嵐。
ここでも負けるといよいよ存在が薄くなってしまうアンファンテリブルでしたが、崖っぷちに立たされたことで前回以上に気合いが入っていましたね。

最後は強烈なセントーンで勝利したアンファンテリブル。
これで無観客試合のときに外敵として登場したときの憎々しさが戻ってこれば・・・優勝への道は見えてきそうですね。

逆に暴走大巨人は仲間割れをしかかったりしたことが修復されて実績を残して1つ区切もあって、そんな中で自分たちがタッグ王者として別にここで優勝しても大きなメリットがないという状況。

ここから切り替えてモチベーションを上げていくことができるのかが重要になりそうです。

アブドーラ・小林が宮原を撃破!
試合後には大冒険解散の危機に加えてTAJIRI・田中将斗が・・・

関本大介・アブドーラ小林の大日本プロレスチームが宮原健斗・青柳優馬と激突した開幕戦のメインイベント。
兎にも角にも小林が宮原から勝利したということ、そしてその後の締めまで含めて宮原健斗からすれば悪夢でしかない試合となりました。


この不安な世の中で全日本プロレスにパワーをもらおうとしている全日本プロレスファンが見た光景は小林の面白締め(しかも盛り上がる)なのですから、宮原健斗と青柳優馬のショックたるや想像以上でしょう。

試合後に「大冒険メンバーも支えるから」と言うライジングハヤトに対して宮原と青柳は「大冒険はもうない!」と突然のユニット消滅宣言を言うほどの精神状態に。

更には田中とTAJIRIがバックヤードで宮原をこき下ろしに来るなど、散々な開幕戦となった宮原と青柳の根暗腹黒陰湿タッグ(笑)

なんにしても外敵とされるポジションの人間からは美味しい存在として狙われるであろう宮原健斗。
このリーグ戦は過去の防衛ロードよりも大変かもしれませんね・・・

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

 

スポンサーリンク

Twitter