田口とワトのタッグチーム名は「ワン・オア・エイト・・・」一か八か?
スポンサーリンク

IWGPjrタッグリーグ戦が開幕。
千葉・幕張メッセ国際展示場、観客は500人台ということで映像を見ていると「地方巡業っぽい感じ」を久々に目にしたような感じで何だか心が落ち着くというか異常事態から少しずつ元に戻っているような気持ちになれました。

1試合目に小島聡と辻陽太、ベテランとヤングライオンのシングルマッチというカードも各地でヤングライオンの成長とベテランの健在っぷりを見せることができるわけですしこういうツアーが全国各地で当たり前に見れる日が来るといいですね...

また、考えてみるとベスト・オブ・ザ・スーパージュニアが実現されなかった中ですでにヘビー級の選手はG1を見据える発言が出てきている状況を考えると、ジュニアが主役のIWGPjrタッグリーグ戦が行われているということも嬉しいですよね。

YOHが怪我をしていなかったらどういうカードでこの時期を乗り切っていたのかは気になりますが...

初戦はヒロム・BUSHI組、ワト・田口組が快勝

IWGPjrタッグリーグ戦、開幕の試合は田口・ワトvsデスペラード・金丸の一戦となりました。
ワトにとっては神宮のリベンジをするチャンスでもありますし、明らかに後退したシングル路線を迂回する形にはなりますがタッグ戦線に活躍の場を見つけたいところでしょう。

その状況で過去にいくつも名タッグを作ってきた(即席であったとしても)田口監督を組んでのエントリーですからこのリーグ戦は活躍しないわけにはいかないです。

いざ試合が始まるとデスペラード・金丸組の安定感とタッグキャリアの長さを感じる阿吽の呼吸、そして個と個の戦いの差でも「王者組と挑戦者組」のように見えることもしばしばありましたが、終盤では田口のアシストを受けてたワトがRPPで金丸に雪辱。

試合後にチーム名を問われると【ワンオアエイト】、すなわち「一か八か」というなぜそんなギャンブル的なチーム名にしたのかと問いたくなる田口・ワト組ですが、それこそ「一か八か」というところまでもうワトは崖っぷちであるというのが本音なのかもしれません。

メインイベントは高橋ヒロム・BUSHIと石森太二・外道。
これまた神宮のリベンジ戦ともいえる高橋ヒロムと石森太二の顔合わせでしたが、ここはロスインゴ組が快勝。
とは言えやはり外道のコンディションの良さが目立つところもありましたし、初戦を落としたBULLET CLUB組もまだまだチャンスは残されていることでしょう。

ただ、高橋ヒロムとBUSHIはIWGPjrタッグを手にするという約束のタッグでもありますし、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア無いであろうことを考えるとここでやはり高橋ヒロムにはジュニアの名がつくベルトを持っておいてほしいなとも思いますけどね...

ところで、たった4チームのリーグ戦であるIWGPjrタッグリーグ戦。
次戦が1勝チーム同士、負けスタート同士でのカードが組まれています。
引き分けがないと考えれば勝ち点4・2・2・0のチームが生まれて残り1戦となるわけですよね。

流石に2連敗したらそこで脱落と思えますので、次の試合後には三つ巴の構図が生まれているということになりそうですね。

スポンサーリンク

タイチ・ザックは「ステップ2へ」とコメントを残したが

ザック「俺たちのプランのステップ・ワンはとりあえず成功だ。次のステップ、ステップ・ツーに進むとするか?」
タイチ「(次のステップについては)もうちょっと待ってろ」

IWGPタッグを防衛したばかりのタイチ・ザック組はこのようなコメントを残しました。


ただコロナ禍に置いてユニット関連の動きは難しいでしょうし、G1でのシングルへ向けての話だったなら濁す必要もない「ステップ2」とやらの全容を知るのは難しいですね。
今後のカードもVS棚橋・飯伏が続いていきますし、大掛かりなことはなさそうですが・・・

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter