KOPW2020 SANADAがムーンサルトからの足4の字でSHOを撃破
スポンサーリンク

KOPW2020、サブミッション限定マッチのSANADAとSHOの試合。
サブミッション限定...というのは誤解がありますね、フィニッシュがサブミッションだけということだったようで、打撃は普通に使っていました(汗)

ただ、それなら序盤からずっとサブミッションに拘る必要がなかったような気が・・・

試合終盤がいつもの試合スタイルになって行っただけに、サブミッションへの拘りがここで薄れた印象もありました。

このルールと二人の思いからすれば試合の流れが逆になるのかなぁと思っていただけに意外な印象を受けました。

そういうルールではないのに自然とサブミッションマッチになったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのKUSHIDAvsSHOの試合の方が個人的には緊張感を感じましたし、新日本プロレスだなぁーと思ってみていたよなぁと思いました。

ただ、試合を決めたSANADAのラウンディングボディプレスからの4の字固めはやはり武藤敬司イズムであり系譜を感じるものでしたし、何かこうUWFとの対抗戦を思い出して興奮しました。

総合とプロレスの融合のような、そんなKOPW2020のSANADAvsSHOの試合だったと思いますし、どういうわけかもう1回見たくなりますね・・・あれ?ハマってるんですかね私(笑)

 

SHO選手のお兄様のご冥福をお祈りいたします。

 

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter