スポンサーリンク

昨日の後楽園ホール大会、そして本日の後楽園ホール大会。
共通して鷹木信悟と戦うのはYOSHI-HASHIということで、NEVERの次の挑戦者はYOSHI-HASHIなのかなと想像していました。

未だ丸腰、未だベルト知らずのYOSHI-HASHIからすれば本当にそろそろ動かないといけないところですからね。

が、しかし・・・

試合は鷹木信悟がラストオブザドラゴンではなくメイドインジャパンでYOSHI-HASHIから勝利と、完全に格下扱いの結末。
タッグマッチでメイドインジャパンで負けるというのは、この時点でYOSHI-HASHIはSHOより下ということになってしまいます。

このまま終わればYOSHI-HASHIはそれまでですが、今日鷹木信悟に直接リベンジをすることができればむしろチャンスが生まれるのではないかと思います。

難しいのはYOSHI-HASHIのカルマより下の技であろうバタフライロックで勝てばいいのか、それともラストオブザドラゴンやメイドインジャパンと似ているカルマで倒すことが挑発になるのか・・・(笑)

ところで、鷹木信悟のメイドインジャパンとラストオブザドラゴンの2つの似ている技の存在意義って画期的だと思うんですよ。

一瞬「ラストオブザドラゴンが決まった」と勘違いするファンも一応いるでしょうし、返したときのワクワク感が高まるじゃないですか。

しかも正調式より落差があるので明らかに見た目的にはラストオブザドラゴン>メイドインジャパンというところも凄いことで、最近は「正調の必殺技より明らかに強烈なのに正調式より格下の技扱い」というプロレス界の謎のルールが生まれているので、実はこの鷹木信悟の2つの技の使い分けというのは唯一無二で見ている側が納得できる必殺技だと思うのです。

根拠なんて無いなかに根拠がしっかりあるという矛盾すら飲み込むのがプロレスだと思いますが、それを一番見せているのが鷹木信悟なのかなと思いますね。

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter