スポンサーリンク

前日にKENTAが英語でコメントを披露するという特技?を見せたことに対してすぐさま反応した内藤哲也。

あんなに英語が話せるなんて、知らなかったよ。オレ、プロレスにおいて、言葉ってものすごく大事だと思ってるから、英語がペラペラとしゃべれて、バックステージコメントやSNSで人の関心を集めることがすごくうまい。きっと頭の回転が速いんだろうね。さすが世界を経験した男は違うわ。』

とコメントをしています。

もちろん『あとはリング上だけじゃない。リング上で魅せることができたら、そして結果を残すことができたら』とチクりとしている部分がありますが、徐々に当初のファンの期待値よりも高くなってきたこの構図にワクワクしてしまいます。

内藤哲也とKENTAだと「受ける内藤と攻めるKENTA」の構図になりそうですが、KENTAがおそらく狙っているであろうデスティーノを捕まえてのgo 2 sleepが決まるか決まらないかが最終的に勝負を分けるのではないかと妄想しています。

もちろん内藤哲也勝利と予想していますが、この二人の場合は試合後にお互いの関係性がどうなるのかも気になるところですね。

KENTAは負けてしまえば約1ヶ月の間にNEVERを落とした上にIWGPとICへの挑戦に失敗するということで後がなくなりますし、負けてしまえば「初の二冠挑戦敗北者」という不名誉のレッテルを貼られることにもなります。

※オカダカズチカは二冠に挑戦して敗北したのではないので含まれない。

ただKENTAの場合はタイチと絡んだら面白いであろうことはファンの誰もが思っていることで、Twitterがとんでもないことになることを想像すると・・・まだ1つ大きな話題性が作れるとは思うのですけどね。

流石にKENTAが二冠王者となりオカダを倒したタイチが挑戦なんて大舞台で交わることはなさそうですが...ただ今の新日本プロレスは何が起こるかわからないですし、全ての可能性を妄想する楽しさがありますね。

Twitter