スポンサーリンク

東京スポーツの2019年度プロレス大賞受賞式に出席したMVP男オカダカズチカ。
その中で2020年のオリンピックイヤーであることに関して「プロレスでもあんなオールスター戦があったんだよ」と言われるようなオールスター戦への野望を口にしました。

他団体っていうと誰とやったぐらいかな? 飯伏さん、丸藤(正道)さん(プロレスリング・ノア)、諏訪魔さん(全日本プロレス)、近藤(修司)さん(WRESTLE-1)とか……。
ホントに宮原(健斗)選手(全日本プロレス)とか、清宮(海斗)選手(プロレスリング・ノア)とかでも、また違ういまの若い世代のプロレスができても面白いかなと思いますし、そういうのが実現できたらいいなと思いますね。それこそ、プロレスファンからしたらオリンピックより記憶に残るかもしれないですし、そういうことができたらいいなと思います。

オカダカズチカの口から出てくる他団体のトップ選手の名前にワクワクしてしまいますが、そもそも2020年に合わせてプロレスオリンピック的なことをやるものだと僕的には思っていました。

なので「やりたいですね」という声ではなく、2019年に発表があるのではないかと思っていたのです・・・

世界中から日本に人が集まる中で、プロレス業界が動かないというのは勿体ないですよね。
G1の時期をズラすというのは当然としても、一大イベントを2020年のどこかで行う方が自然ですからぜひ今回のオカダカズチカの口から出たオールスター戦は実現してほしいものです。

最近は全日本プロレスとDRAGON GATEの交流やNOAHとDRAGON GATEの交流もありますし、棚橋弘至と宮原健斗は昨年絡みなどもありましたから・・・何となく何かが起こりそうな予感はあるんですよね。

それこそプロレスこそ最高のスポーツでありエンターテイメントであると言うのであれば東京オリンピックイヤーに動かないわけにはいかないでしょうし、キングオブスポーツ新日本プロレスがスポーツから逃げるわけにはいかないでしょう。

もしかすると東京オリンピックを避けてG1を秋にしたのではなく、夏に何かを起こすつもりなのでは・・・


プロレスランキング

 

Twitter