EVILとSANADAが単独首位も棚橋弘至の呪いで失速か?
スポンサーリンク

12月1日のワールドタッグリーグは上位チームが順当に勝ち星を重ねました。

その中でもEVIL・SANADAが18点で単独の首位。
残り全勝で18点に満たないチームは脱落ということになりますので、現時点での脱落チームは以下となります。

棚橋組
真壁組
天山組
永田組
後藤組
ファレ組

(なんて書いていると山口って選手がいなくて本当に良かったと思う...笑)

EVIL組があと1勝すると鷹木組・タイチ組も20点に満たないのでアウトとなりますが、とりあえず現時点で上位のチームのどれかが優勝となる可能性が高い時期になってきました。

EVIL組 18点
ジュース組 16点
石井組 16点
矢野組 16点
タマ組 16点
鈴木組 14点
コブ組 14点

さて、そんな首位のEVIL・SANADAに呪いがかかったかもしれません。

スポンサーリンク

棚橋弘至の呪いの魔法【EVISANA(イビサナ)】

棚橋弘至がタッグチーム名を付けると猛烈な右肩下がりになって消滅するというジンクスについては最近よく書いていますが、1日の試合後に棚橋がEVILとSANADAをEVISANA(イビサナ)と呼びました。

これは・・・

他人にもかかる呪いなのであればEVILとSANADAがここから失速していき、近い将来解散なんてことがあるかもしれません(笑)

呪いが伝達すればロスインゴも・・・

これ、あながち笑い話ではないかも?


プロレスランキング

 

Twitter