タイチがメインを締めることに何の違和感もない現実
スポンサーリンク

なんだかもう、すっかりタイチはメインイベンターですね。
技の説得力だけではなくマイクなどでも自分のキャラを自分で引き立てていて、本当に素晴らしいですしこんな実力を今年まで隠していたわけですから・・・脳ある聖帝は爪を隠すということでしょうか。

ザックとのタッグも昨年に続いて魅力たっぷりですし、現在2勝1敗ですが間違いなく優勝候補チームでしょう。

一方のジュースとフィンレーですが、ジュースはまた一時期のシリアスモードから陽気な感じが出てきていますね・・・でもフィンレーが戻ってきたことでテンションが上っていると考えます(笑)

フィンレーは髪型もコスチュームも合っていますし、技のキレが昔よりかなり進化していると感じます。

ただ肩が・・・まだかなり悪いのでしょうか?
ずっと気にして試合をしているので別の箇所を怪我しないかと心配になりますね。

今日の試合はフィンレーのバックブリーカーがタイチの側面(脇腹)に入っていましたが、あのエグさがタイチがのたうち回っていたように見るだけでも痛さが伝わってきました。

これまた怪我をしていないと良いのですが・・・

ところで、タイチ組はリーグ折返しまでに強敵チームと試合を消化していくわけですが、勝ち越しで折り返したらかなりチャンスですね。
最後の最後に矢野・カバナにころっと負けて終わりそうな気もしますが、IWGPタッグを面白くしてくれるチームだと思いますから勢いを落とさずに突き進んでほしいものですし、タイチの魅力をもっと見せつけてほしいですね。

もう疑う余地もない選手ですが、年齢的なことを考えても行くところまで一気に行ってほしいです。


プロレスランキング

 

 

Twitter