ここに移転する前のブログを見直していたら
昨年にこんな記事を書いていた。

http://headahand.exblog.jp/22511313/

自分の人生なのに「脇役」という役を与えられていないか?

そんな内容だった。

それからたった半年ぐらい後に
自分はこんな内容をココに書いている。

非常に情けない変化、劣化、退化としか
言い様がないし、恥ずかしい気持ちになった。

自分という名前の本を生きているとして
今現在が「まだ第三章」ぐらいであって
まだまだ200ページぐらいあることを祈りたいなと思う。

仮に今が最終章とかエピローグなのであるなら
相当くだらない本になってしまうからね。

Twitter

おすすめ記事