スポンサーリンク

台風で停電にならないかと怯えながら今回もPPVで観戦したRIZINでしたが、一番楽しみでもあり不安でもあったのが朝倉と憂流迦の試合。

何が不安ってここで朝倉が負けたら年末の堀口戦が盛り上がらなくなりますし「ほら!前回は偶然だったんだ!」って人が沢山出てくるってことですよ。

堀口に勝利した後はそういう声が多かったですし、堀口が言い訳してない(少ししてたけど)のにファンが言い訳して、その上で何故か朝倉批判する人が少なくなかったですからね。

さて、今回の試合テーマは憂流迦の寝技に朝倉が対応できるのかどうか?というところでしたが・・・その前に顎を砕いてKO勝利。

アウトサイダーの頃から大きくスタイルチェンジすることなく、進化をしていくことで相手をなぎ倒している朝倉海にはただただ脱帽ですし、兄の朝倉未来も含めて年末は朝倉家が主役になりそうです。
(兄はベラトールとの対抗戦なのか?)

試合後にリングに上った堀口が「負けてるからいらない」とベルトを朝倉に渡していましたが、ニコニコしながらも心中は穏やかではなかったことでしょう。

だからこそ・・・RIZINが面白くなってきた!と言えるんですけどね。

ベラトールとの対抗戦もそうですが、プロレスファンも引き込めるぐらいの展開になってきているのは意識的にやっているんじゃないかと思いますし、、、後はね、神取とギャビをやってくれたら大盛り上がりですよ年末は(笑)

あと・・・仮に朝倉が堀口に勝利したら、キックルールでの那須川天心戦というオファーもするでしょうね。
それでもワンチャンありそうに感じさせてくれる朝倉はやっぱり凄いですし、まだまだ進化すると思います。

スポンサーリンク

川尻の敗戦に胸アツ、大雅の奮闘が激アツ

那須川天心にたどり着くために大雅が白鳥大珠に挑んだ試合は激アツ展開でしたね。
1Rから2R途中までは「また大雅はダメなのか・・・」と思いましたが、3R目でダウンを奪い返し、二人共が狂気の笑顔で殴り合う試合は素晴らしかったです。

結果は大雅の負けでしたが、何かを掴んだのではないかと思いますし、次戦も楽しみです。

僕ら世代だと思いが強くなってしまう川尻ですが、パトリッキー・“ピットブル”・フレイレにパウンドでKO負けしてしまいました。

でもね・・・やっぱり負けっぷりもいいですよ、カッコいいです。

コメカミに膝を食らい、倒れ込みながら相手の膝をキャッチ。
ただどうみても力が入っておらずその状態で鬼の形相のままパウンドを食らって負けてしまいましたが、レフェリーが止めるまで意識は薄れていても目は死んでいませんでした。

やっぱりこういう選手は胸を熱くしてくれますよ・・・

が、本人のTwitterとかに「弱い」とかリプ飛ばしている人もいるわけでね、男の熱さも感じられない冷酷な人間がSNSでマウントを取ろうとするという愚かな日々を過ごしていることを目の当たりにすると・・・そういう人間でも動かせるような試合をしてほしいなとも思うんです。

性善説なんて僕は信じていませんが、ヤフコメとかSNSにウヨウヨいる心が壊れたままの人たちだって普通の人間に戻るチャンスはあると思うんですよ。

そのキッカケに格闘技やプロレス、スポーツは絶対になり得ると信じていますから。

スポンサーリンク

ホベルト・サトシ・ソウザ は完敗。RIZINライト級トーナメント。

そんな川尻も参加したRIZINライト級トーナメントですが、RIZINのスターになれる要素があるであろうホベルト・サトシ・ソウザはジョニー・ケースに完敗。

負傷でもしたのか一発で心が折れた感じでしたが・・・やはり寝業師というかまだまだ打撃への対応が微妙なのかもしれません。
RIZINとしては予定が狂ったという印象なのかな・・・。

ルイス・グスタボ vs. 上迫博仁はグスタボが勝利しましたが、グスタボの見た目と違って可愛いマイクは人気になりそうですし、トフィック・ムサエフ vs. ダミアン・ブラウンで勝利したムサエフの強さもファンを引きつけていくでしょう。

個人的には決勝でグスタボとムサエフが見たいところですが、レベルの高いトーナメントファイナルになることは間違いなさそうです。

RIZINのこの階級に日本人スターが1人でも出てこればもっと盛り上がるはずですが、難しいのかなぁ。

スポンサーリンク

年末は浜崎朱加のタイトルにハム・ソヒが挑戦

ジョシカクですが、こちらはハム・ソヒ vs. 山本美憂の勝者が浜崎朱加に挑戦という大きなタイトルに近づくカードが目玉でした。
KIDの死後から彼が乗り移っているかのように絶好調の山本美憂でしたが、彼女のタックルですら見切るハムソヒは凄かったですね。

それでもチャンスがある内容でしたが、山本美憂が連敗していたときに出ていた「焦り」という悪い部分がかなり終盤に出てしまい・・・

タックルも切られているならフェイントに使うとかすればよかったかもしれませんし、最後は中途半端なミドルキックをしたことでそれをキャッチされてからパウンドで敗北。

これにより浜崎朱加とハムソヒのタイトルマッチが大晦日に決まったわけですが、RIZINとしては当初「ジョシカクはRENAと浅倉カンナ、そして山本美憂で行こう」と思っていたでしょうから、かなり構図が変わったという感じです。

ところで、少々笑ってしまったのが試合後のインタビュー。

ハムソヒが「悲しい気持ちも」と話しましたが、これは当然山本美憂とKIDのことを考えてです。
ただこれを言わせたいアナウンサーが「悲しいというのは?」と質問すると、ハムソヒは韓国語で回答。
そして通訳が「悲しい」と言ったので、全然質問の回答になってねぇと(笑)

ハムソヒのキャラがああいう感じなので日韓戦として盛り上がりはしないでしょうけど、ハイレベルな試合を楽しめる年末になりそうですね。

RIZINの休憩時間問題は継続。会場とPPVのファンが減るぞ?という不安。

この日はフジテレビ系で生中継があったRIZINですが・・・
こうなると相変わらず酷いのが休憩時間の問題です。

「生中継でこの試合を流す」

ということを決め打ちしているせいで、試合が早く進むと大幅な休憩時間が必要になるRIZIN。

そもそも途中で1時間強の休憩時間があったのに、数試合してまた休憩では・・・台風の中来場したファンやPPVでお金を払ってみているファンは不愉快でしょう。

プロレスのネット配信サービスはあくまでも現地を映像でも届けようというスタンスですが、RIZINに関してはフジテレビでの放送ありきでやってしまうのが本当に大きな問題ですよ。

いつもこうなるんですから、逆に試合間を5分ぐらい全てあけるほうがいいんじゃないですかねぇ?

5分なら余韻で楽しめますし、問題ないでしょうに。

大晦日でもこんなことになるなると、本当にお金を払う客が減りますよ。


プロレスランキング

 

Twitter