タッグ戦線を盛り上がるための新ルールを考えてみた
スポンサーリンク

両国国技館が終わればジュニアタッグ&ワールドタッグリーグと年間で最も盛り下がる時期に突入します。

そこで・・・タッグマッチの新ルールを考えてみました(笑)

と言っても簡単な話で『ダブルの関節技はギブアップ可』というものです。

プロレスは5秒まで反則OKというルールがありつつ、曖昧だからこそ面白いことは事実です。
試合途中に二人がかりで攻撃をしてからのフォールは認められなかったりしますが、合体技なら認めるというのも面白さです。

例えば3Kやマジックキラーなど合体技で試合が決まることは多々あります。

が、もし関節技も合体技ならOKというルールであれば・・・必殺合体関節技という新しいジャンルが増えます!

そう思ったのはかなり前、鈴木みのるとザック・セイバー・ジュニアという関節技の鬼の合体関節技を見た時に『もしこの形がOKになればこのチームがめちゃくちゃ面白くなる』と思ったからです。


他団体ではあるのかもしれませんが、新日本プロレスでは見たことがないルールです。

まぁ、中々派手な形は難しいと思いますがフィニッシャーが投げ技と打撃技に偏っている時代に関節技に光を!!ということにならないでしょうか。


プロレスランキング

 

Twitter