【SUPER J-CUP 2019】オスプレイ・ファンタズモ・カリスティコ・ドラゴンリーが勝ち上がり
スポンサーリンク

応援していたSHOが敗退してしまいました...
田口も敗退ということで日本人選手はこれで全員脱落となってしまったSUPER J-CUP 2019。

4強に残ったのはオスプレイ、エルファンタズモ、カリスティコ、ドラゴンリーの4名。

素晴らしい4選手ですのである意味順当と言える結果ではありますが、流石にヒロムとデスペラードが戻ってこないと日本人選手はジュニアのシングル戦線で蚊帳の外になってしまいますね。

さて、そんな高橋ヒロムについてオスプレイが『ヒロムはだいぶ良くなってきているよ』と試合後に発言しましたが、逆に少々心配になりました。

というのは、もしかするとSUPER J-CUP 2019の決勝戦大会となる明日の大会で高橋ヒロムの復帰宣言があるのかなと考えていた(期待していた)ので、ある意味それは1つのイベントと言うかサプライズでもあるわけですから、その前日にこの発言を普通ならしないのではないのかなと思ったのです。

ジュニアのトップであるオスプレイがG1で善戦するなど飛び抜けている中、ハイレベルな世界でも少々バランスが崩れてきていることが気になるSUPER J-CUP 2019とジュニアの世界。

このバランスを戻す役割はヒロムとデスペラードが鍵を握っていると思うのですが...

 

Twitter