さすがにこの負け方は想定外でした。
日本代表、UAEにPKの末に敗戦し
アジア杯をベスト8で終わるという
最悪の結末です。

中2日というスケジュールの中で
スタメンは4戦連続同じという時点で
若干の不安は感じました。

そもそも、90分の試合でも遠藤は途中までしか
難しいスタミナになっていますし、
本田にしても70分ぐらいでかなり落ちます。
なぜか毎度動けている乾は交代になりますし
(これはスポンサー絡みかと・・・)
延長戦も考えないといけない決勝Tですから
スタメンに関しては一考の余地があったはずです。

それでも90分で試合を決めれば良かったですが
開始早々に失点をし、プランが狂ってしまったのか
30本以上のシュートで1点しか取ることができず
延長戦を経てのPKで敗北は残念です。

遠藤は前半途中から動けてませんでしたし
香川も昔の良い時期であれば、ゴール前で
ワンタッチで大仕事ができている場面の大半で
ミスをし、シュートは毎度のこと枠外かキーパー正面。

香川の弱点であるメンタルの弱さと自信の波は
もう深刻なぐらいの状態だと思う内容でしたし
アスリートとして致命的というか・・・
セレッソからドルトムント、マンU、ドルトムントと
ずっと追いかけている好きな選手だからこそ思いますが
もう相当な奇跡でも起こってくれないと復活はないでしょう。

香川を中心に王様にしてくれるチームで
プレーできないと生き返れないのではないでしょうか。
(それこそ最初のドルトムントのように)

個人的には武藤の視野の狭さも気になりましたし
豊田に関しては「それを決められないなら豊田という選手は
必要ないじゃないか」というシーンの連発。

また豊田を入れたのに豊田を電柱に使わずに
ショートコーナーで時間を使うという選択肢も
今ひとつわからないところでした。

長友の怪我というのも、長谷部が疲れ果てていて
パスミスをしたのを無理にカバーして痛めてますが
長谷部がバテバテになったのは、やはり遠藤と香川の
尻ぬぐい的なこともあります。

このメンバーの日本代表は雰囲気もいいですし
攻撃という面では本来良いのかもしれませんが
いかんせん1+1が3や4になる化学反応は起こらず
1-1を0にしないための助け合いが中盤で増えるので
勝つための勢いが出ることは少ない印象です。

八百長問題の渦中にいるアギーレ氏は
アジア杯後に解任と報道されていましたが
先ほど続投と名言があったようですし、
やはり日本代表を成長させて行くためには
一度「スポンサー枠」とか「電通が売りたい選手をねじ込む」とか
反省することを知らないサッカー協会の存在とか
その辺りを一度壊さないといけないのでしょう。

日本代表ビジネスも重要なことですが
日本代表が本当に強くなれば
ビジネスとしてもより成立するわけです。

W杯優勝宣言からのW杯惨敗。
そして「信頼を取り返す」ためのアジア杯で
5大会ぶりのトーナメント初戦敗退。

振り返ればすぐのところで世界一を目指していた、
日本代表というチームが、結果アジア8位という結果。
これが今回出てしまった現実です。

今のメンバーの年齢でアジア1位になっても
次のワールドカップでは圧倒的な不安がある。
そんな状況の中で、今アジア8位では
明るい未来はないでしょう。

コンフェデレーションズカップにも出場できませんし
ガチの勝負をする機会は大きく減りました。

ここからは若い選手を起用して
可能性を探る期間にしていかないと
厳しい時代が待っているでしょうね。

スポンサーリンク

Twitter