NEVERは石井を選んだ・・・タイチ時代がまたしても遠ざかり、G1出場の危機か?

第一試合でモクスリーがG1参戦表明をし、第二試合では小島聡と鷹木信悟の激闘に心が震え、第三試合でちょっと落ち着き、第四試合で季節外れの冬が来たのかというぐらいに冷え込み(笑)
ちょっと嫌な状況でスタートしたのがNEVER王座戦、王者タイチと挑戦者石井の試合でした。

試合序盤にのらりくらりするタイチに強烈なエルボーを入れ、そしてタイチが持ち込んでいるマイクスタンドと飯塚選手の忘れ形見であるアイアンフィンガーを外に投げ捨てた石井。

「お前は本当はバチバチの試合がやりたいんだろ?だったらこんなものに頼らずに全力で来いや!」という思いからの行動に対してタイチも全力で石井に強烈な攻撃を打ち込んでいきました。

天龍と川田なんて言われることについては二人ともに不快に思っているのでしょうけど、それでも「意識してるやん!」という攻撃や動きが多かったのは「俺たちの方が凄い」という自信があるからこそだったのでしょう。

タイチのG1出場はどうなる!?

試合はNEVERらしい壮絶な戦いが繰り広げられ、最後はNEVERが石井を選んだという結果になりました。
さて、昨年タイチがG1にエントリーされずに明らかにタイチより期待が持てない選手がエントリーされていたことで、新日本プロレスのTwitterが炎上するという事態になりました。

基本的に僕もそうですがプロレスファンは自分の好きな団体に対しては信者の姿勢ですし(苦笑)特に新日本プロレスはレスラーがSNSを駆使して距離感が違いので他のジャンルよりもかなりファンが大人しいというか、常に絶賛というスタイルを取る人が多いです。

そんな新日本プロレスファンが多いのにあれだけ炎上したというのは、相当タイチへの期待が高かったということなんです。

そして今年は・・・NEVER王者として大阪城ホールまで来ましたしG1は確定ぐらいの印象だったのですが、すでにブログに書いているように今年はモクスリー、オスプレイ、鷹木信悟、クリスジェリコ、KENTAがG1を口にしているだけに、本当に狭き門になってしまいそうです。

NEVER王者であればエントリーされるでしょうけど、ここへ来て丸腰となってしまったタイチ・・・大丈夫なのでしょうか?

エントリーされないことでタイチがずっとゴネるというのも面白いんですけど、これで出場できないとなるとここで頭打ちという扱いにされてしまいそうで心配なんですよね。

ただ一方で今年のG1を想定すると、出場するリスクもあるじゃないですか。
新日本プロレスの中堅選手なんて白星配給係みたいな扱いになってもおかしくないですからね・・・

もちろんタイチ選手には出場してもらって、台風の目になってほしいんですけどね。

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter