ジェリコもG1出場宣言 東京ドームでオカダカズチカと棚橋弘至を相手にシングルマッチ?

衝撃的なことだらけになった大阪城ホール。
燃えるような試合があると思ったら会場が静まり返るような試合もあり、オスプレイとドラゴンリーのとてつもない試合とそれに触発されたかのような内藤と飯伏のデンジャラスな試合(飯伏の怪我はG1に影響するのでは?)。

そんな試合のメインとなるのがオカダカズチカとクリスジェリコのIWGP戦でしたが、これは賛否両論ある試合とその後の展開となりましたね。

僕自身は「あまりにも前の2試合とNEVERが激しかったので、それに対してのプロレスらしいプロレスというか、危険技で決まらないプロレスを見せたかったのかもしれません。

ただ・・・消化不良であったという感想のほうが多いのではないでしょうか。
そしてこれはただ来年のドームで新日本プロレスVSAEWの対抗戦をするための布石だけの試合だったのでは?ということも少々頭を過りました。

オカダカズチカの言う「IWGPらしい戦い」だったのか?棚橋弘至とジェリコの「これじゃない感」に包まれた試合後

不思議と試合の中盤辺りでオカダがツームストンパイルドライバーを使ったりとか、ジェリコはいつもそうですがそれにしても早い時間からコードブレイカーやウォールズ・オブ・ジェリコを多様していましたし、何か技を見せることを焦っている印象が後半まで続きました。

そしてローリングツームストンを食らってもジェリコがケロッとしていたりとか、ジューダスエフェクトがあっさり避けれられるとか「この試合は何を見せたくてしているのだろうか?」と思っていた途端になんとオカダカズチカがジェリコから丸め込みで3カウントを取り試合は唐突に終了。

オカダカズチカとジェリコらしからぬ大雑把な試合、ジェリコらしい試合に振り切ることもなければオカダカズチカが試合前に話していた「IWGPらしい試合」でもなく『試合後がメインだから』と言わんばかりの内容でした。

「なんだこりゃ?」と同時に「ということはNEXTがあるんだなぁ」と思っていると、試合後にジェリコにKOされたオカダカズチカを助けるために解説席の棚橋弘至がジェリコに向かっていきました。

棚橋弘至が解説席に来たということはジェリコと棚橋弘至という構図が生まれるとは思っていましたし、ジェリコと棚橋弘至の試合はやはり見てみたい試合で、何より棚橋弘至が復活するきっかけになるはずだということは前からブログでも書いていたのですが・・・これじゃない感に包まれました。

あくまでもジェリコが勝利して棚橋弘至が挑戦するとか、今回で言えばオカダカズチカがしっかり勝利した上でこの展開ならまだ理解できますが、丸め込み勝利からのこの展開では盛り上がるわけがありません。

何より棚橋弘至は先日のジェイ戦に敗北した上に、この大阪城ホールではスリングブレイドすらまともに使うことができず、さらに予告していた新技がすっぽ抜けてしまいSNSや実況板、海外のSNSなどでもかなり厳しい声が飛んでいる中ですからこれにノレるファンが多くいるとは到底思えません。

なんじゃこりゃ?というメインが終わって、そこにこの日一番なんじゃこりゃ?と思われた男が絡んで、3人で引っ込んで行って締めも無しなのですから、大阪城ホールのお客さんの「えええーーー!!?」という不満の声が答えでしょう。

そして試合後のクリスジェリコのコメントを見ると、この大阪城ホールがあくまでも序章に過ぎないということが伝わってきます。

ペインメーカーVSレインメーカー第二弾とエースVSジョーカーとなるのか。クリスジェリコはオカダカズチカと棚橋弘至との東京ドーム決戦を希望。

試合後のクリスジェリコはオカダカズチカを評価しつつも、実質的な勝者は自分であると話しました。
また、ジェリコVSオカダカズチカ・棚橋弘至のハンディキャップマッチでも構わないと発言しています。

そんな中で「東京ドームが2日間とも埋まるぞ」ということで、来年の東京ドームイッテンヨンとイッテンゴでクリスジェリコVSオカダカズチカ、クリスジェリコVS棚橋弘至という連戦プランをブチ上げました。

ということはペインメーカーVSレインメーカーの第二弾と、エースVSジョーカーのような構図で棚橋弘至とジェリコの戦いがあるのかもしれません。

また、今回の試合で見せたかったのはおそらくファンの記憶からもリング上からも忘れられつつある「棚橋弘至とオカダカズチカの友情タッグ」を改めてここで作っておきたかったのではないか?ということです。

そしてこの二人が組むとなればクリスジェリコとのハンディキャップマッチではなく、タッグマッチという形式が作りやすくなると思うのです。

そうなれば相方はAEWから連れてくるでしょうし、、、可能性としてオカダカズチカ・棚橋弘至VSジェリコ・ケニーなんてことも0ではないのではないでしょうか。

ただ棚橋弘至がジェイホワイトを追いかける姿勢からこれですぐにジェリコを見るようになっていくのは微妙ですし、オカダカズチカが棚橋弘至を輝かせるために横に立つとなればオカダにデメリットしかありません。

クリスジェリコもG1参戦か?

試合後のジェリコは「モクスリーやKENTAが出るなら俺もエントリーしてもいいんじゃないか?」と話「俺が希望しているんだから断る理由はないよな」とも言っています。

リップ・サービスの可能性も高いですが、仮にエントリーするとなるとこれはもう大変なことになりますね。

鷹木信悟にモクスリーにKENTA、そしてジェリコなんてことなったらオカダカズチカと内藤哲也以外の新日本プロレス所属選手は引き立て役として扱われて終わってしまうかもしれません。

とてつもない夏がやってくることは現時点ですでに間違いがないですが、収拾がつくのか?というぐらいの状態になってしまいますね・・・

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter