大阪城ホール調印式 オカダカズチカVSクリスジェリコ
スポンサーリンク

オカダカズチカとクリスジェリコの公開調印式が行われました。
やっぱりジェリコは不思議なオーラを放っていて雰囲気がある選手ですよね。

コメントもレスラー目線、アスリート目線、エンターテイナー目線と色々な角度から言葉が出てきますし、そして最終的には暴れて帰るわけですから相手はたまったもんじゃないでしょう(笑)

まぁこの暴れて締めるというのを見ている側も待っているわけで、水戸黄門の印籠的な「待ってました!」をやってくれるのは嬉しい限りなのですが。

そんな中でもオカダカズチカは王者ですから、どっしりと構えて「試合はリングでやろうぜ」という態度で堂々としていました。

クリスジェリコは新日本プロレスで内藤哲也、ケニーオメガ、EVILと試合をしています。
この中で内藤哲也とは1勝1敗、EVILには勝利、ケニーには敗北という成績となっているわけですが、戦歴で見れば見ての通りで常勝ではなくイーブンの成績です。

ここでオカダカズチカを倒したとなると新日本プロレスでのインパクトが一気に上昇しますし、新日本プロレスのトップがあんなベテランに勝てないのか?となってしまうのは辛いところ。

また遠くに行ったオカダのライバルであるケニーオメガに勝利しているジェリコには絶対に負けられないでしょう。

新日本プロレスの中には「ジェリコが王者になればジェリコからIWGPを奪うビッグチャンスが生まれる」と思っている選手も沢山いると思いますけどね(笑)


プロレスランキング

 

Twitter