僕の子供の頃に新日本プロレスのトップだった橋本真也。
その魅力はキレた時の怖さでもあり、強敵の前に崩れていく脆さであり、爆殺シューターと呼ばれた蹴りでもあり(今思うと凄い異名)また天真爛漫な性格も愛されましたが「必殺技の進化」というのも魅力でした。

DDTを必殺技にしてからで言えば、それがジャンピングDDTになり、裏DDTなども取り入れるようになりました。
そして垂直落下式DDTやフィッシャーズDDTとベース技を進化させていくことで説得力を増していきましたよね。

※一度、サードロープからのDDTという普通のDDTと対して落差のない技を使いビデオでケロちゃんとマサさんに失笑を買ったことも。

当時は必殺技のベースがシンプルだったので進化論を作っていけたのでしょう。
蝶野正洋のSTFも裏STFやクロス式STF、腕決め式のSTFもありましたしF(フェイスロック)ではなくスリーパーにするSTSなんてものもありました。

武藤敬司はムーンサルトプレスからの応用は物理的に不可能でしたが、シャイニングウィザードになってからは仲間やレフェリーを踏み台にして使ったりとかコーナーの相手に使ったりとか後ろからやってみたりなど形の変化ではなくバリエーションを増やしていきました。

スポンサーリンク

裏技や技の宝庫と言えば後藤洋央紀

武藤敬司のシャイニングウィザードにある意味近いのかな?と思うのがオカダカズチカのレインメーカーです。
通常式、逆さ押さえ込みを経由してから、ずっ友式、ローリング式など最近は多くのバリエーションがあります。
内藤哲也のデスティーノもランニング式やケニーオメガを相手に見せた旋回式にデスティーノなんてのも裏技として持っています。

裏技という言葉を書いて思ったのですが新日本プロレスで技の進化や特に「裏」という言葉は後藤洋央紀を連想しませんか?

牛殺しに対して相手の顔面を膝に落とす裏牛殺しや昇天改に対しての裏昇天もあります。
GTRも顔面側を膝に向ける裏GTRもありますから、後藤洋央紀の場合は必殺技や得意技の上位技を裏にすることで一気に技のバリエーションを増やしている「裏物好きな選手」ですよね。

SANADA選手もインタビューで「後藤洋央紀の技は凄い」ということを話していましたが、僕も1ファンとして後藤洋央紀の技の引き出しは新日本プロレスの中でも特別な魅力を放っていると思います。

何なら牛殺しは雪崩式バージョンもありますから、大一番での後藤洋央紀の試合というのは何が出るか?と期待する技が多いので見ていてワクワクしますよね。

そんな後藤洋央紀のワクワクするシングルを見れるのはG1までお預けかと思っていましたが、4月29日の熊本大会のメインイベントでジェイホワイトとのシングルマッチが組まれています。

そして、これは新日本プロレスの平成最後のシングルマッチとなります!!


ニュージャパンカップではCHAOS唯一の初戦敗退、そしてシリーズ中に組まれたタッグマッチではジェイホワイトに瞬殺された後藤洋央紀。
しかしここで前王者のジェイホワイトを倒すことができればNEVERでもインターコンチネンタルでもなく悲願のIWGPに近づくチャンスです。

平成最後のシングルマッチ、平成最後の新技に期待が高まりますね。

・・・熊本大会で新日本プロレスの平成最後のシングルマッチが後藤洋央紀とジェイホワイト、何か大きなことが起こりそうな予感もします。

 

スポンサーリンク

Twitter