新日本プロレスワールド岡山大会にて、ミラノさんが話していた「内藤哲也が電車に乗り遅れそうになって慌てて走っていて、全然トランキーロじゃなかった」という話しですが、新日本プロレス公式スマホサイトでの内藤哲也選手の日記を見るとどうやら事実だったようですね(笑)

若干脚色された感じを匂わしていて「おしおきが必要」と言っているのは、恐らく改札が赤くなって通れなくておたおたして、みたいな部分なのかなと思いますが実際はどうだったのでしょう。

それにしても巡業中は常にカープのユニフォームをカバンに入れて時間があれば試合を見に行くというのは凄いですよね。
カープ愛も凄いと思いますし、好きなものに対しては時間もお金も使うというのは僕は現代から失われつつあることだと思うので、それができる内藤選手は凄いと思います。

何でもかんでも『無料で』『楽して』って考えの人が本当に増えていますからね・・・

アメトーークでカープ芸人を再度やってもらって内藤選手を出してほしいものです。
ただバラエティ向きじゃないというか、内藤選手って一歩ロスインゴを離れると好青年というか少年のようなキャラになるので・・・(笑)
個人的にはまた内藤&ヒロムでワンダーランドに出てほしいですが、そもそもワンダーランドが2017年末から放送されていないんですよね。

面白かったのになぁ。プロレスラーの素とレスラーの中間ぐらいの姿が見れる番組ってありませんからね。


タイコウさん事件とか腹筋崩壊したのになぁ(笑)

来年は2冠王としてニュージャパンカップ優勝者を迎え撃つ状態になっていてほしい

さてそんな内藤選手にの日記にて、二年連続でニュージャパンカップ1回戦を敗退しているので来年も参加して尼崎でやりたいという思いを綴っていた内藤選手(新日本プロレス公式スマホサイト参照)

ただ、ニュージャパンカップに参加するということはイコールIWGP王者ではないことが前提です。
インターコンチネンタル王者やNEVER王者なども参加しない可能性のほうが高いでしょう。
(来年も今年のように優勝者への権利がIWGP挑戦のみではない場合)

なので来年のニュージャパンカップに参加したいということは、IWGP王者ではない状態であることになってしまいます。
ですが、僕もいい加減に内藤哲也が満員の東京ドームでのデハポン締めをしている姿が見たいです。

というか、何度も書きますけど2018年1月4日がそのベストタイミングだったんですけどね(笑)
オカダのIWGP連続防衛記録よりも、ロスインゴが大盛り上がりしているあの瞬間が良かった・・・と思いますし、何が怖いかと言えばオカダはここから10年の主役だと思いますし、飯伏やオスプレイ、SANADAもEVILも世代的にはこれからという状態の上に今の新日本プロレスは海外からどんな大物が参戦するかもわからない状態です。

「今年こそは内藤だ!」ってタイミングでオカダが登場したように、また「今度こそ内藤だ!」と言っていたら滾った人が戻ってくるとかも起こるかもしれませんし(笑)

なので、最悪の場合内藤哲也が東京ドームのメインで勝利してデハポン締めすることが実現しない可能性だってあるわけです。

来年の東京ドーム2連戦がどういう形式なのかわかりません。
通常のイッテンヨンとイッテンゴをMIXした感じなのか、それともイッテンゴの東京ドームは後楽園でやっているカードを少々豪華にした感じになるのかその辺りは楽しみなところですが、極端に言えばイッテンヨンでIWGP奪取・イッテンゴでIC防衛戦で二夜連続東京ドームのメインで勝利しているぐらいの状況も見てみたいものです。

IWGP戴冠数は棚橋8回、オカダ4回で内藤1回ですからね。
今の内藤の年齡でここから3回手にすることはないでしょうし、13回防衛するというのも・・・
記録としては彼らに勝つのは無理でも記憶に残る状況での戴冠はしてほしいですよね。


プロレスランキング

Twitter