10人タッグマッチで激突したオカダ・棚橋と内藤。
オカダと棚橋が組んだ時点から楽しみなカードでしたし、旗揚げ記念日でも激突するということもありファンの期待感はとても高い絡みです。

そんな試合後、棚橋弘至が久々に内藤哲也について触れました。

今日、久しぶりに内藤と対戦し、心配だったんだ。このままの内藤で終わるのかなっていう不安はあったかなあ……。大きい言葉で団体を引っ張っていくんではなくてね、ご意見番で、誰かの意見に物申して、シリーズを、プロレスを盛り上げていくっていう立ち位置。俺はね、こっち側にいてほしかった

恐らく棚橋弘至はずっと内藤哲也が自分の後継者だと考えいたはずですし、新日本プロレスの本隊の明るいエースというのは内藤哲也だって目指していたわけです。
内藤哲也も棚橋弘至になろうとしていた時期があるのは認めていますが、でもそれを諦めてロスインゴベルナブレスとなり今の大人気の内藤哲也が完成したわけですし、今では「棚橋弘至程度にならなくてよかった」と内藤は発言することもあります。

内藤哲也はこのまま突き進めるのか

僕は内藤哲也がブーイング地獄の時から、いやデビュー当時から応援しているファンの1人ですが昔の内藤もロスインゴベルナブレスの内藤哲也も好きです。一番好きなのはノーリミット時代の生意気小僧の頃かもしれませんが、ぜひ今後はIWGPを手にして今度こそしっかり腰に巻いてほしいとも思っています。

ただ、今回棚橋弘至が内藤への心配を口にした理由もわからなくはありません。

『大きい言葉で団体を引っ張っていくんではなくて』というのはごもっともで、内藤哲也は新日本プロレスへの愛情からの大きい言葉というのはありますが、特に新日本プロレス全体や業界全体に対して内藤哲也が引っ張っていくというようなコメントはロスインゴベルナブレスになってから聞かれなくなりました。

『ご意見番で、誰かの意見に物申して』という部分に関しても徐々にファンも気になっていることかなと思います。
ロスインゴベルナブレス当初は「棚橋弘至やオカダカズチカ優遇の新日本プロレスに対して噛み付く」というようなスタンスでしたが、ロスインゴベルナブレス人気が爆発して会社が内藤哲也を大切に扱うようになってしまった今では、他のレスラーが発言したことに首を突っ込むとか、事情などもあって来場できない選手やコメントできない選手に「あれあれ~?」と絡むことが中心となっています。

バリバリの第一線で団体を引っ張るぐらいの人気と実力を兼ね備えているのに、芸能界で言うとワイドショーのMCのような立ち位置になっているような印象は確かにあるんですよね・・・いや、人気芸人がラジオだとTVのときより毒舌でコアなファン向けに大きな支持をされているような感じか?

棚橋弘至の言う「こっち側にいてほしかった」の「こっち側」というのは棚橋やオカダの様な団体全体の顔・業界の顔ということだと思いますが、、、でも逆に言えば「こっち側」には「そっち側」がいるからこそ成り立つわけなので、やはり今「VS新日本プロレス」を団体内でできるのは内藤哲也とタイチぐらいのものですから難しいところですよね。

でも内藤哲也とかぶる蝶野正洋も反体制でカリスマとなりましたが、後に会社側の顔になっていましたし内藤哲也もそうなっていくのかもしれません。

何せ制御不能の男ですから、この先どうなっていくのか?とこのキャリアでまだファンに想像させることが内藤哲也の凄さ。
そしてこの棚橋発言に対してこれからどういうコメントを出していくのか?そんな楽しみも生まれましたね。


プロレスランキング

 

Twitter