ファンタスティカマニアも最終日となりましたが
本隊・CHAOSVSロスインゴの試合終盤、内藤がヘナーレをデスティニーノで葬ろうとした瞬間
リング上に試合が組まれていないタイチ・デスペラード・金丸が乱入してロスインゴを一掃。

ジェリコからタイチに勝手に受け継がれたインターコンチネンタルベルト攻撃を発動し
さらにブラックメフィストまで敢行。内藤は完全にノックアウトされてしまいました。


新日本プロレスワールドで見る限りタイチへの歓声が大きかったように聴こえましたが
新日本プロレス公式では大ブーイングと怒号が飛び交ったとなっていますね。

試合が組まれていない選手に対しての内藤の「何を休んでいるんですか?」的な煽りや
「行動しないんですか?」という煽りに関しては「そりゃ試合組まれてないから仕方ないじゃん」と
誰しも思うところで、それでも「そうだそうだ!」とお客様を手のひらに乗せてしまうのが内藤の凄いところです。

ただ、その煽りにしっかりと答えてインパクトも残せる存在がタイチですし
内藤への反論が最も上手く内藤も回答に困るぐらいまで過去に追い込んでいるのも
タイチしかいないと考えると内藤にとってもタイチは最高の相手かもしれません。

そもそもタイチをヘビー転向させた流れは内藤の存在が大きいわけですからね。

試合後のタイチのコメントはこのようなものでした。

悪りぃ、悪りぃ。日にち間違ったよ。アイツによぉ、いっつもよぉ、『そのまんま何にもしねぇでやるんだったら、それでもいいよ』ってよぉ、言われてよぉ。いっつもアイツ、おんなじことしか言わねぇじゃん! 『静かに静かに暮らすならそれでもいいよ』って、『アクション起こさねぇならそれでもいいよ』って。だけどよぉ、そんな言葉にいちいち反応してたらよぉ、俺も忙しいんでね。毎日毎日、やることあんだよ、いっぱい。

これも「確かにそうだ!」って思う人が多いと思います(笑)
試合が組まれていないならその日はオフなわけですから、単純に。
選手の人数が増えて全員が試合を組まれなくなっている昨今の新日本プロレスですから
試合が無い選手に「なにもしないんですか?」って冷静に考えるとギリギリの発言ですもんね。

仮に内藤が第3世代に同じことを言ったらイジメみたいになる言葉です。
「俺も試合出たいんだよ!だけど組まれないのに同行して毎試合乱入すればいいの?!」って話ですからね(笑)

個人的にはロスインゴも内藤も当然好きなのですが、内藤の「それ言ってもなぁ」という
ギリギリのグレーな部分のコメントに対してタイチがサラッと正論で返して行く関係は好きです。
1つだけ危惧するのは内藤は近年ノリノリ状態でファンの支持率も恐らく抜けた1位であることで
逆にたった1つでも「それを言うのはどうなの?」というような発言をしてしまうと
一気に「あの時期」に戻るリスクも最近感じてしまうんですよね。

以前はいろいろあった中とは言え「まずはNEVER」の「まずは」の3文字で
日本全国の新日本プロレスファンが敵になってしまいましたからね(苦笑)

すぐに始まる札幌2連戦、タイチの動向は?ベルトの行方は?

今週末からRoad to THE NEW BEGINNINGが始まり前哨戦が4日ほどあり
あとはアメリカ大会と札幌大会に分かれてのTHE NEW BEGINNINGが開催されます。

札幌大会の初日は内藤・BUSHI・鷹木とタイチ・デスペラード・金丸のタッグ戦と
SPECIALシングルマッチでSANADA VS 鈴木みのる EVIL VS ザックの試合が組まれています。

そして2日目はBUSHI・鷹木とデスペラード・金丸のIWGPjrタッグ戦
SANADA・EVIL VS 鈴木みのる・ザックのIWGPタッグ戦。
そして内藤VSタイチのインターコンチネンタル戦の全面戦争タイトル戦となります。

さてここで気になるのはタイチの試合後の発言。
冬の札幌はよぉ、さっき言ったろ? 何か起こるんだろ? 起きるか起こさねぇかは、全部俺次第かもしれねぇな! 俺とこの2人次第」

俺とこの2人とはタイチとデスペラードと金丸ということになりますが
鈴木とザックもタイトル戦を迎えるのですから「鈴木軍次第」と言いそうなもの。
いや、そもそもタイチはあまり鈴木軍というワードや「ボス、ボス」と鈴木みのるに対して
子分的な動きをすることがこの半年でかなり減ったように思います。

この札幌2連戦の次は長野で大会が組まれていますが
その日のロスインゴVS鈴木軍の5対5は鈴木・タイチ・デスペラード・金丸・TAKAみちのく。
ということはザックは札幌大会以降は参戦しないということになり
その代わりに自身の団体の代表退任および退団したTAKAみちのくになっています。

そして大阪ビッグマッチのカードに目をやると
第一試合で鈴木・飯塚・TAKAみちのくのカード。
飯塚はその次の後楽園ホールで引退を発表しています。

仮に札幌初日で鈴木とザックがシングルで負けた上で
翌日のタイトル戦もロスインゴに負けたとして、タイチ・デスペラード・金丸が
それぞれベルトを奪取してしまうと・・・完全に鈴木軍のパワーバランスが崩れます。

そしてワールドタッグリーグの時にタイチとザックが発言したこの言葉。

タイチ「あいつがボスだ、こいつがボスだ、そいつがボスだ、誰がボスだって、俺にはもはや関係ない。誰がボスであろうと、なんであろうと、俺たちは仲間であって仲間じゃねえんだよ。誰がボス? そんなのはいいんだ。強え奴が一番上だ。それだけだ。」

ザック「今はスズキグンとしてスズキミノルがボスだけれども、いつかそれもどうなるかはわからないよ」

何かが起こると言われて何も起こらなかったイッテンゴ。
その分、何かが起こる札幌で起こってしまうのか!?


プロレスランキング


ちなみに、映画から現実へということで開催されたゴキブリマスク・ギンバエマスク
スイートゴリラ丸山・ドラゴンジョージの試合は・・・まぁファンタスティカマニアの中なので
お祭りの1つとしては楽しかったのですが、何だか試合後のコメントなどを見るとNEXTがありそうな予感もします。

旗揚げ記念日にやることは個人的にはあまり嬉しくないですけど・・・

ELITE離脱、ケニーも恐らく離脱、KUSHIDAも退団という中で
ゴキブリマスクとかアメリカと札幌同日開催で選手を分散させるとかって
そんなことをしている場合でも無いような気がするんですよね。

スイートゴリラ丸山・ドラゴンジョージのタッグって真壁とオカダなわけですから
本隊とCHAOSが同盟みたいになってなかったら実現していないと考えると
「これがやりたいからあの流れになったの?」と思ってしまいますし(笑)

ただでさえ本隊&CHAOSの合体もふわっと続いている状態の中で
結局話題性は内藤、タイチ、ロスインゴ、鈴木軍という状態ですし
現地ファンと映像で見るファンでの温度差が大きくなっている可能性が・・・

 

Twitter

おすすめ記事