いやぁ、復帰を予定している森嶋選手が現金を持たずにタクシーに乗り
支払い拒否した上に10発以上運転手を殴り重傷を負わせた事件が出た時に思ったんですよ。
「何か悪いニュースが続きそうだなぁ」と。

これ競馬ファンあるあるに近いんですけど、競馬の世界も1つ事件が起こると
まぁ~~~立て続けに出るんですよ、何の法則か知りませんけどね。

なんて思っていると、TAKAみちのく選手が週刊誌で不倫報道されまして
最初に知った時は「TAKAみちのくの不倫の話なんて世間の人は興味あるか?」でした(笑)
ただね、別にこんなことは当人同士の話なんでどっちでもいいとは思うのですが
この件によって他の選手が過去に起こした同じジャンルの話が引っ張り出されてしまっているのと、
TAKAみちのく選手は正直この手の話とか噂とかは少なくない人で、ダイレクトメッセージとか
さらされたりしていることもあるので、もうちょい早く未然に防げたのでは?とは思います。

プロレス団体「KAIENTAI DOJO」が6日、公式HPで、一部週刊誌で不倫を報じられたTAKAみちのくについて「弊社取締役でありながら反道徳的な行動が報道された事実を重大に受け止め、追って然るべき処分を行います」と、処分を課すことを明かした。

それで、これはプロレスファンの僕らの性質なのかな・・・とも思うし
いや、他のジャンルでもファン商売は全てそうなる傾向かもしれませんが
「重大だ」と思ったファンが過剰に「気にしないで!」モードに入るわけです。
簡単に言うと擁護モードの度が過ぎるわけですよ。

これまでに同じようなケースを色々なレスラーで見てきましたが
僕はね、それこそレスラーって行く先々に女がいるぐらいの豪快さがあると思ってましたし
昭和のスター役者とかもそういう伝説ってあるものじゃないですか。

でも、それってやはり時代とともに変わっていってるわけなんです。
平成すら残り半年なんですし、世の中に合わさない格好良さというのもありますが
この手のことは合わしておかないと本人にダメージがある時代なんです。

まぁ、そ れ で も、自己責任だと思いますし
「浮気してるのはだーれでーすかーー!報道されてタップアウト」とか
ファンが笑い飛ばしてあげれば済む話だと思うのです(問題の根本の解決はファンの知ったことじゃない)

TAKAみちのく選手だって実績と年齢を考えたら日本が誇るレジェンドです。
その姿がリング上で見れれば別にいいじゃないですか。

 

・・・で終わらせればいいのに、過剰な擁護をするなと。

 

そりゃファン心理としてはわかりますよ。
でも自分自身も思い当たることが人生で1回ぐらいないですか?
自分が何かした時に友人などが過剰に庇ってくれることで
余計に立場が悪くなったり気まずくなることって。

SNSを見ててもこれが多すぎて、TAKA選手が可哀想ですって。

「レスラーはモテて当然、その女がバカ」
「金でTAKAを売った女を許さない」
「TAKA選手を今こそ応援する時!」

とかね、余計なことを書くなと。それがどれだけ本人を追い詰めてしまうか。

そして僕が一番キライなのがこの手の時の

「より好きになりました!応援してます!」←なんでやねん。

これが先程書いた『「重大だ」と思ったファンが過剰に「気にしないで!」モードに入る』パターンであり
なおかつ純粋なファンの人ほど、なんとかして助けたいと思ってしまうからの行動なのだと思いますが
本人からすると一番の迷惑になりかねないのです。

なぜなら今はSNS時代だからですよ。インターネット時代だからですよ。

僕らプロレスファンの中だけで話すなら「別にTAKAが浮気しても関係ないよな」「応援しようぜ」と言い合えます。
でも、週刊誌に掲載されてニュースサイトでも掲載されているということは、普段全くプロレスに関心がない人や
TAKAみちのくという存在を初めて知った人もTAKAみちのくのTwitterなどにアクセスするわけです。

ベッキーのファンでもアンチでもなかった無関心の人がどれだけベッキーを叩きました?
そういう時代なんですよ今は。

そういう人がTAKAみちのくのTwitterを見に来た時に
『え?何で擁護されてるの?』『何で応援?恋の応援してるの?』『何で相手の女性を攻撃してるの?』
などなど、そういうものを見た時になぜか叩かれるのはそのコメントをした人じゃなくて「TAKAみちのく本人」です。

今の時代は、対象を追い込むのはファンでもアンチでもなく大多数の無関心だった人たちです。

仮にこれでTAKAみちのくファンの人が
「TAKAさんしっかりしてください!ご自分の団体も新日本プロレスにも迷惑がかかりました。この仮はリングでいつか返してください」
というような叱咤激励というのを上手く使っているなら、無関心な人が見に来ても気にならないわけです。

またせっかくTAKAみちのく選手が謝罪しているのに「謝る必要なんてないよ!」なんてファンが言うと
ご本人の謝罪を台無しにしてしまうということを考えてあげないといけないわけですよ。

昭和だ昔だと言うなら、その当時はそれこそ息子が悪さをして学校で怒られたときには
親がそれ以上にブチギレてげんこつすることで「まぁまぁお父さん、そこまで言わなくても本人はわかってますから」
ってなったじゃないですか。(まぁ僕には親父がいないのでこのポジションは祖母でしたけど)

でも今は親が子供をかばって怒鳴り込むからややこしくなるし反感を買うわけじゃないですか。

「昭和のレスラーはこうだったから~」という擁護がすでに『平成風の擁護』なんですよ。

無関心なのに叩きたいとか興味本位でTAKAみちのくのTwitterにアクセスする人に対して
TAKA選手を本当にかばいたいなら、その辺りは上手くやってあげないと本人が本当に辛いと思います。

幼稚園児が物を壊した時に「大丈夫だよ」「気にしないで」って言うと泣くでしょ。
あれは大人でも同じですもん。「反省してこれからは気をつけてね」という言葉の方が
どれほど安心できることか。

 

ただ!不倫とかはどうでもいいし、他人が首を突っ込むことじゃないですが
1つだけ、これはファンの人は普通に怒っているであろうことがこれ。

「新日本プロレスは上場しようとしてるからコンプライアンが厳しいので
女をホテルに連れ込んだとかバレたら終わり。じゃなくても鈴木軍は窓際なんだから」

 

『じゃなくても鈴木軍は窓際なんだから』って・・・

 

実際にそうだとしても、それを不倫相手にメールして世に晒される。
これ、鈴木軍のメンバーがかわいそうですし、鈴木軍のファンもかわいそう。

「あぁ、窓際とか思いながら試合してて大阪で全敗したのか」とか思われますし
石井と鈴木があそこまでの殺気のある試合をしたのに「窓際だから必死なのか」とか
くだらないことを思ってしまう人が出てくるじゃないですか。

それに・・・窓際って思ってる人、います?

デスペ&金丸はジュニアタッグ王者、タイチは先日までNEVER王者で評価も高い。
鈴木みのるは言わずもがな世界的に人気がありますし、ザックはNJCで優勝してIWGP戦まで行きました。
ランスとスミスは契約問題がありそうですが、出てこれば観客は湧き参戦している時はタッグ王者候補。

新日本プロレス内部で窓際扱いされているという真実があるのかないのかわかりませんが
どちらにしても鈴木軍のメンバーとファンはかなりショックな発言ですよ。

本音でもショックですし、不倫相手を拒否るための言い訳に使っていてもショックでしょう。

TAKA選手がファンに謝罪するのは不倫どうこうじゃなくて、この発言についてだと思いますよ。

特別に鈴木軍のファンじゃない自分がこれだけこの言葉にはショックを受けたわけですから
鈴木軍ファンの人達は悲しいなんてものじゃないでしょう。


プロレスランキング

 

Twitter

おすすめ記事