少し前ですが、ここ最近の多忙で爆発してしまいそうだったので
我が家からJRで1時間ほどで行ける中津川へ旅をしてきました。
心を休ませてあげることも必要ですからね...

中津川のホテル花更紗

JRの中津川駅までは快速中津川で1時間ぐらいでしょうか。
道中は意外と車内が混んでいて、平日の昼になぜこんなにも
名古屋から中津川に向かうサラリーマンや若者が多いのだろう?と疑問でしたが
多治見あたりからは徐々に乗車率が減っていきました。

中津川駅からは1時間に1本の専用バスで15分ほどでホテル花更紗に到着。

中津川温泉、源泉100%の美人の湯ということで
大浴場と露天風呂があるホテルなのですが、フロントの方の対応が良く
温泉は広くないですが綺麗でいい湯でした。

部屋は和室のローベッドを選択したので
部屋に布団を敷きに人が入ってくることもありませんので
気を使うこともなく利用できる感じでしたよ。

食事は時期的に松茸が主役で、これがまた中々美味しくて
今年になりキノコを食べれるようになった私は大満足。
これまでなぜこんな美味しいものが苦手だったのか?と思いました。

天ぷらやお刺身、お肉などもあり松茸御飯も楽しむことができました。

クアリゾート湯舟沢 平日は最高のコスパ

ホテル花更紗に隣接されている施設、クアリゾート湯舟沢ですが
屋内プールと60メートルのスライダー、屋外の流れるプールがそれぞれ温水でありまして
更には水着で入れる13種類の温泉が楽しめるバーデゾーン。
普通の温泉もありますし、無料でゲームができたりとする施設なのですが・・・

平日で夏休みも明けていたからでしょう、プールは客0!!
バーデゾーンも客0!!ということで、人生初の「流れるプールもスライダーも全部貸し切り状態」。

これで宿泊費に込みなんてコスパ良すぎます。
夏休みに割高でしかも混む場所に行くことがいかに損をするかわかりますね。

これはまた来年もリピート確定レベルで楽しかったですし
衛生面でも人がいないので、毛が落ちてたりしないというのも
個人的に相当ポイントが高かったです。

馬籠宿を歩いて。

ホテル花更紗をチェックアウトして、フロントでタクシーを呼んでもらい
10分かからないぐらいで馬籠宿に到着。

馬籠宿は京都とはまた違った歴史を感じる場所でした。
江戸時代、参勤交代で沢山の人が歩んでいた中山道にある宿場町が馬籠宿。

その時代の匂いを残したまま、今では観光地となっています。

恵那山が一望できる場所もありますし、道中で食べたお蕎麦も美味しくて
前日プールで左足首を捻挫した状態で馬籠宿の石畳の坂を歩くのはしんどかったですが
痛みを10分に1度ぐらい忘れれるぐらいの楽しさではありました(笑)

中津川は結構オススメです

名古屋から日帰りで行けるぐらいの距離感ですが
食べ物が美味しく自然も豊かで観光できる場所も多いです。

私みたいに運転が嫌いな人は(渋滞することわかってて車に乗ることがバカバカしいと思うタイプ)
電車でサッと行けるという点でもオススメできます。

馬籠宿は特にオススメですし、個人的には馬籠宿⇔妻籠宿間のハイキングをしなかったので
次回はこの8キロぐらいのコースを歩いてみたいと思います。

そういえばここで「熊よけの鈴」を貸出していました。

ってことは、熊と出会う可能性があるということですよね。

出会いたくはないですが、熊と会うかも?と思いながら歩く経験もしてみたいなと思いました。

 

Twitter

おすすめ記事