インターネットを利用するようになった時期は、もう20年ぐらい前のこと。
その当時からなのか数年後からなのかは忘れましたが、基本的にPCを開けばヤフーニュースを見ます。
作業の合間にもヤフーニュースを見るし、外出先でもスマホからヤフーニュースを見ます。

別にヤフーニュースの回し者でも信者でもありません。
ただニュースを開けば世の中で大きな事件や事故などが起きていたら目に入りますし、話のネタになる報道なども多いから見ているだけです。

最近・・・というわけではないでしょうけど、毎日のように何かしらの事件や事故があります。
これね、僕的には本当に心底ストレスを感じます。

大体1週間の中で「教師の淫行などの犯罪」「性犯罪」「少年犯罪」「オレオレ詐欺的なこと」「煽り運転とか交通系の事件事故」「老人犯罪」「パワハラとか」「政治家の不祥事」「国会のくだらない討論の記事」ぐらいは揃うわけじゃないですか。

凶悪犯罪は減っていると言いますが、それも本当なのかな?と。警察がそう発表してるだけじゃないの?なんて思いますが、凶悪犯罪や少年犯罪が減っていようと報道媒体や情報ソースが増えているわけですから、昔より目にすることが多いことは間違いないでしょう。

これだけ犯罪があると身近なところで犯罪が起きていないことの方が不思議じゃないか?なんてことを思いながら先日、事務所から錦方面を歩いているとカラオケ館に警察が来ており、ニュースで報道されたところによると「自殺しようと思ったが死ねないので、人を殺した」と言う電波野郎の殺人事件がありました。

「あぁ、これはもう身近なところまで犯罪は来ておるな」という感じです。

夏場になれば心霊・怪談でゾッとして涼むというのが日本人の伝統であったりするのですが、もう今の時代は「助けてください、心霊スポットにおかしな人が来て暴れています!」と幽霊が警察に通報してもおかしくないぐらいになっているのではないでしょうか。

もちろん、犯罪というのは加害者が悪です。
でも加害者を守り被害者を責める人間もいます。
多くの場合これは怪しい市民団体だったりするわけですが、そういう存在までいることをしっかり理解した上で、今「普通の人」がやらないといけないことは『犯罪を警戒する』ということです。

それはどういうことか?
頭のおかしい人間が増えているのですから、それなりの警戒をしましょうね、ということです。
「自分は悪くない、悪い人間がいなければいいんだから!」とか言う人がいますが、そんなことを聞き入れるなら犯罪なんて起きません。

この警戒レベルが低すぎる人間が多いというのもこれ1つの社会問題だと思います。

街なかを歩いていてもですよ、全力で独り言を話しながら目がぶっ飛んだオッサンなんて1日歩けば1人ぐらい見かけますよ。
でも、そういうオッサンの真横をスマホをイジりながら全然気が付かずに通る若い女性がいることも普通の光景になっています。

電車のホームで、一番前に立ちながらこれまたスマホをイジりながらヘッドホンをしている人もいます。
ここに奇声を発した人が来て背中を押したら確実に死ぬだろうなという光景なんて毎日のように目にします。

地震が増えてきたら警戒するでしょう。
台風が来るというなら対策をするでしょう。
それと同じことをしないと。なぜならもう日本の犯罪は天災レベルの物もあるからです。

海外のテロとまではいきませんが、90歳の老婆が歩道に突っ込んで来るようなことが珍しくないのです。

私は歩道を歩く時に、なるべく車道から遠い位置を歩きます。
周りも警戒しながら歩きます。不審者がいたら「逃げる」「殴る」「捕まえる」など何かが起きた時をイメージして行動します。
電車ではホームの一番前には絶対に立ちません。臆病という見方もありますが、これは警戒をいかにできるか?というスキルだと自分では思います(笑)

だってね、考えてみてくださいよ。
日常では普通に生活をしている人間が、突然幼女を誘拐して殺したりとか、立派な社会人で地位もあるような人が煽り運転して事故を誘発したりとか、さっきまでTVを見て笑っていたような普通の学生が唐突に外に行き拉致暴行をして逮捕されて報道のカメラを見てニヤリと笑うとかそんな時代なんですよ。

日大のタックルみたいな、想定外の一撃ってものを誰でも食らう可能性がある世の中なのです。
だから、1人1人が気をつけることが重要なのです。
「ワンプレー目から潰してこい」と指示をされた人間が私に(あなたに)攻撃をしてきたとしても、それに対応できるレベルの警戒が必要なのです。

日大のあの事件はそういう意味でも僕は勉強になりました。
だってあんな悪質なファールを3回もしているんですよ。
僕なら1回受けた時点で「え、こいつ何?頭おかしいの?えーなんか見てるけどまた来るんじゃないの?」と思います。
で2回目を受けた時点で「いや、やばいってコイツ、絶対またやってくるじゃん」って思うはずです。

でも全部食らうわけですから、日本人というのはいかに警戒が下手か?人を信用しているか?というところだと思いますからね。

 

Twitter

おすすめの記事