◇ジャニーズ事務所 山口達也と契約解除 TOKIOは4人組として活動を継続する。94年9月に5人組としてCDデビューして以降、脱退者が出るのは初めて。ジャニーズ事務所は「解散はない」と明言している。

本人の会見からメンバーの会見、そしてそこで色々なことを考え苦悩しているメンバーが矢面に立ったのに、そこからこの脱退というか解雇というか、結論が出るまでが早すぎるなぁという印象です。

これは、ずっと間違いを犯してきてしまった一連の流れの結末だったと思うんですよ。

まず山口氏のところに刑事が来て取り調べが何度もあり、嘘発見器にまでかけられている時点で事務所なりメンバーにそれを言う必要があった。そしたらここまでの結末にはなっていないでしょう。

そこからは明らかに揉み消そうと事務所が動き、示談にしたけど表面化してしまったと。
じゃあその期間、平然とTVに出ていたのはどんな神経なんだよ?という部分で印象が悪くなってしまった。

次に事務所から出てきたのは幼稚園児が書いたような謝罪文。
そこからメンバーが謝罪会見をして、特に松岡氏はとても厳しい辛辣なコメントをしていて、その点はとても好感度が大きいなと思いましたが、見捨てることはできないという話をしていたのにいきなりの退職届の受理で終了ってのは、これは世間からの印象も悪いし、何よりTOKIOのファンの人が可哀想だなと。

ジャニーズファンではない層から一番好感度が高いグループがTOKIOだと思いますし、うちのおばあちゃんもDASH村は大好きでしたし、この好感度を恐らく失った状態での4人のTOKIOが今後どうなってしまうのか・・・。

ただね、僕は思ったんですよ。
どうせ山口氏が退社したならもう一般人ですから、DASH村に一般人として移住しましょうと。
もうね、何ならスピンオフで禁酒村でも脱酒村としてもいいですけど、現地の酒癖の悪いオッサンとして登場すればいい。

TOKIOの4人と現地の人の交流はあるものだし、その現地の一般人が山口氏なら「仕方ない」でしょう(笑)

まぁそんなことをしたら大炎上なんでしょうけど・・・。

でもねぇ、ネットを見ていると潔白・清潔・純白なものを世の中の人が求めている(求めている本人たちはさぞかし立派な人達なのでしょう)それは悪いことじゃないけど、息苦しさも感じるなという部分もあるのですけど、でも怖いなと思うのが細かく人々の感想を見ていると「あまり追い込むと自殺しちゃうかも!」「これは酒に逃げるか、薬に逃げちゃうかもね!」なんてコメントが多い。

で、それらが心配しているというよりは望んでいるように見えるんですよ。「こうなればもっと祭りなのに」みたいなね。

それが一番怖いなと。日本の闇の部分が隠せなくなって漏れてきているなぁって思うこと、最近増えたように感じませんか?

Twitter

おすすめの記事