準々決勝を戦うはずだった韓国と北朝鮮は会場に入場したが、メダルを懸けて争う一戦は実施されなかった。場内には合同チーム結成がアナウンスされ、両国の選手は記念撮影してコートを去った。

昨日、日本がこの似非平和的スポーツ冒涜TEAMを叩きのめしてくれたので良かったですが、いや全然良くないぞ?と言いたいですよ。
これを認める協会もおかしいし、他の国が猛烈な批判などをしない(できない?)という部分の闇まで含めて「ああ、卓球ってそういうスポーツなのね」と思われても仕方がないですね。

これね「当たり前に人間的な発想」であれば「南北朝鮮の友好のため、今回は戦わず辞退します」とか「チームコリアを結成し、なおかつ辞退します」とかもいいでしょう。いや本来なら「友好のために戦いましょう、これはスポーツなのだから」が正解ですよ?

それを「朝鮮万歳!合同チームを結成し、お互い戦わずに準決勝進出!」ってどういう狂った発想なのか?
そしてそれが通ってしまう環境、政治の介入、本当に世界中のスポーツファンが心の底からの軽蔑を送ることでしょう。

また、仮に上記したような「結成するが辞退」みたいな形にすればとても好印象を世界中に与えられるであろうということが、発想として出てこないのがやはり北朝鮮と韓国がいかに特殊な国なのかということです。

ところで、これがもし決勝で韓国と北朝鮮の試合だった場合に「平和のため、戦わずに合同チームとなります、なので戦わずに優勝です!」と言っても通っていたということですよね?

僕ね、印象としては北朝鮮はスポーツに熱心で女子サッカーも強いですし、特にラフプレーが多いわけではないと思っていましたし、韓国に関しては日韓W杯やその他色々な競技での疑惑や暴言、暴挙などあり世界的に印象が悪いとは言っても、それだけスポーツに熱い国だと思っていましたよ。

でもそういうものを全てこの件は台無しにしてしまっているように思います。

双方の国民は声をあげないのでしょうか。
意志が強い印象ですけど、結局「国=親」の言うことが全てなんですかねぇ・・・。

 

Twitter

おすすめの記事