NJCを予想する日記を何個か書いていましたが
矢野とスミスの勝敗以外は何と的中・・・。
内藤負けに始まり、ザックが飯伏に勝つ(本日)という当たってほしくないことが当たり(笑)
んで、エルガンとジュースでジュースが勝って棚橋と試合するところも当たり。

SANADAとザックでSANADAが勝って決勝も勝ち、2連続でオカダに挑戦という意外性のある結末と予想!!と書いていましたけど、本当に当たりそうで怖いな。

いや、でもね。ザックはいい選手ですよ、あの関節技のバリエーションは昔のプロレスファンでも感心すると思う。
そして内藤と飯伏のトップ2選手を倒すと予想!なんて言ってましたけど、いざそれが現実のものとなると・・・少々複雑です。

だってケニーとゴールデンラヴァーズを再結成してノリノリの飯伏と、今プロレス界で最も人気がある元IWGP王者で今年のドームのメインを張った内藤が、たまーーーに参戦するだけの鈴木軍の一員でゴツい一般人より細い、ヤングライオンぐらいの体のザックに負けるとなるのはどうなんだろうと。

予想の通りこの大会はSANADA推しの私ではありますが、これでSANADAがザックに勝ってしまうとパワーバランスが難しくなるのも難点。
仮に決勝でSANADAが勝てば一気にプッシュですけど、棚橋に負けてしまうと「復帰したての棚橋が内藤飯伏に勝ったザックに勝ったSANADAに貫禄勝ち」で他の選手の格が落ちそうですし、ジュースに負けようものならもう何が何だかわからなくなります。(笑)

ところで、今日の見どころはこのシーン。
SANADAが矢野にパラダイスロックをかけて、なぜかレフェリーにもかけて、ヤングライオンにもかけて、3人揃ってパラダイスロックで動けなくなるの図。

これぞプロレスの醍醐味の1つですね。
「え、これ動けるでしょ?」とか野暮なことを言うのはダメ。
リングの上には魔法がかかるのです。

Twitter

おすすめ記事