ジェイク・リーの期待感

場所が変われば何かが変わる。
元々全日本プロレスでも存在感もあり色気もありというジェイク・リー選手でしたが・・・参戦前のインタビューにしても、今回の試合後のインタビューもこれまでのジェイク・リーの雰囲気はそのままにコメントのパワーが爆増。

NOAHへの興味と楽しみがあるからこそここまでのコメントが出せたのだと思いますし、突然登場していきなりラスボス感を出せるという全日本プロレス時代では正直・・・TOTAL ECLIPSEの最初の最初のごく短期間だけに出していたムードを倍増した状態で出せているのは驚きです。

試合後のマイクも挑発的で良かったですし、NOAHで評価を上げて更にまた別の世界へという青写真も十分現実的なんですよね。

NOAHのファンの人からも高評価が多いですし「なぜ全日本プロレスはこの素材を生かせなかったのか?」と疑問の声もチラホラ。

正直全日本プロレスをずっと見ている私からしても...それは同じことを思いましたね。
TOTAL ECLIPSEの序盤でジェイクがこのモードに入った時に同じユニットメンバーが「おちゃらけ」に走ったことが今になって悔やまれるなと思うんですよ(苦笑)

ダークヒーローのジェイク・リーを完成させることに全力を出せばよかったのに、ダークヒーローの周りがコメディ化されていたのでね...

何にしてもジェイク・リーはすでに1段階化けました。
後は試合内容でどこまで見せていけるか?ですが、NOAHには好敵手になりそうな選手も多いですし、今回の稲村選手は恐らく場外に落ちた時に足を負傷したのでその後にあまり動けなくなってしまいましたが、今後のジェイク・リーは好勝負を増やしてくれると思います。

D4Cに関しては変更をしてこなかったので「普通のブレーンバスターやん」という声もありますが、恐らくもう1つ上の必殺技を今後のために用意していると思いますし、全日本プロレスのように巨人クラスの選手は多くないので全日本プロレスではできなかったような技も検討しているのではないでしょうか。

こういう姿を見ると元全日本プロレスや現全日本プロレスの選手が「俺も他団体の方が輝くのでは?」と思う可能性もありますよね。

ただでさえ全日本プロレスで輝いている宮原健斗選手、青柳優馬選手などがそう思ってもおかしくないですし、2年前の年末に退団したゼウス選手や岩本煌史選手なども新日やNOAHで戦ったらもっと合う相手がいるのでは?なんてことも頭に浮かびました。

まぁゼウス選手に関しては自団体を大きくする運営で忙しいと思いますが、ジェイク・リーの元パートナーの岩本煌史選手なんかはNOAHにも新日にも世代の近いジュニア選手がいますし、特に新日だと同世代が多いので刺激を与えてくれそうなんですけどね。
彼も相手を皮肉るのは得意ですし(好青年なんですけど結構な毒を持っているので 笑)

そして、現・全日本プロレスの選手は他団体と対抗戦をするなどしてもいいかもしれませんよね、移籍とかはなく。

だってジェイク・リーが今回全日本プロレス所属としてNOAHに乗り込んだとかレンタル移籍的なことで行っていたらNOAHファンを全日本プロレスにいくらか持ち帰ることもできたでしょうから。

全日本プロレスとしては新規ファンが増えないので既存のファンの人のためだけにプロレスをしているので、どうやっても頭打ちですし(とりあえず今年は鈴木みのる選手の新しいユニットが新日で動いた鈴木みのる選手のユニットとクロスオーバーするかどうかだけが生命線でしょう)逆にジェイク・リーは全日本プロレスからNOAHへいくらかのファンを連れて行っているわけですから...

ところで太陽と月は相乗効果の関係だと思っていましたよ私。

だから宮原健斗という太陽がいる中でジェイク・リーという月が重要かと思っていたのですが、こうなってしまうと「月単体で輝く方がいいのか?」って思っちゃいましたね。

Twitter