決勝トーナメントは意外性がほしい

新日本プロレス、G1クライマックスのブロック分けと対戦日程が発表されました。

個人的には「対戦カードは当日発表」でもいいのではないかと毎度思うのですが、まぁそれも難しいので仕方ないですよね。

で、ついつい最初に確認してしまうのが最終戦の公式戦の組み合わせ。

いやー、面白いものでね。
面白そうなカードばかりなんですけど、THE最終戦って感じもしないのが面白いですねこれは。

今年はリーグ戦の首位がトーナメントを行うわけですから当然なんですけど。

今のところのカード発表だと3位決定戦がなさそうですけど、できればやってほしいところですよね・・・。

3位決定戦ってトーナメントの醍醐味じゃないです?

ワールドカップでも決勝より面白い試合が多いですし、折角4ブロックで行ってトーナメントもあるなら1・2・3・4位を決めてほしいですけどね。

さて、決勝トーナメントはA・Bの1位とC・Dの1位が戦うことになります。

最終戦のカードから予想なんて野暮なことはせずにですね、
決勝トーナメントで見たいカードなんてのを考えてみたわけですよ。

A・Bに関してはオカダカズチカvsジェイの再戦を見たいという人が
多いのかもしれませんが・・・

例えばオーカーンとジェフコブとか、オカダと石井とか、タイチとアーチャーとか
仲間内での戦いも見てみたいとも思いますが、個人的にはタイチ・ジェフコブを
また見てみたいですねぇ。

C・Dは・・・KENTAvsYOSHI-HASHI、これぐらいの冒険は見てみたいですね。

4ブロック制で意外性無しで、オカダ・ジェイ・内藤・オスプレイの
勝ち上がりとかだとリーグ戦やる意味も薄れますしね(笑)

Twitter