大荒れで終わった...

平穏に終わると思った人は皆無。

そんなチャンピオンカーニバル歴代優勝者プレミアム6人タッグマッチ

宮原健斗・諏訪魔・鈴木みのるvsジェイクリー・石川修司・青柳優馬の一戦は、諏訪魔と鈴木みのるが仲間割れをしてしまい、最終的に宮原健斗vsジェイク・石川・青柳優馬という構図に。

さすがの三冠王者もこれでは何をしても勝てるわけがなく、最後はジェイクのD4Cに沈みました。

ジェイクとしては不本意だったかもしれませんが、それでも前哨戦に勝利をして勢いがついたことは事実ですし・・・石川・青柳優馬とも良いムードなんですよね。

この3人が手を組めば非常に強烈なトリオになりますが・・・

また諏訪魔・鈴木みのるの争いが今後も続くのかも気になりますね。

永田裕志も参戦するので全日本プロレスのリングで永田・鈴木という因縁の戦いが実現するかもしれませんし、全日キテる!って感じがしてきましたよ。

Twitter