「新日本プロレスはもう大丈夫だ」
そう思ったあの日のカードがG1の第1試合で実現、棚橋弘至と後藤洋央紀の豪華すぎる第1試合。
最後はスモールパッケージホールドで棚橋が勝利し、勝った棚橋が大の字・負けた後藤が先に立っているというこの光景が似合うのもまた棚橋弘至の素晴らしいところ。
丸め込みでの勝利に姑息さを感じない、かと言って技巧派だとも思えない、ただただ棚橋弘至がG1というロングランを駆け抜けて頂点へ立つために選ぶ選択肢が気持ち良いと感じます。
若い頃にスモールパッケージホールドで勝つとこうは思いませんでしたので、やっぱりエースの進化は止まらないということなのでしょう。

第二試合のチェーズとタマ・トンガの試合もとてもおもしろい内容だったのですが、前日のKENTA・高橋裕二郎と連続で見ているからなのかBULLET CLUBが何かこう・・・良い人というか、なんて言えばいいのか難しいですがケジメをつけるかのような試合をしているようにも見えなくないなぁと。
EVILだけはまだそう感じませんが、何か最後に確かめあっているというか・・・BULLET CLUBの歴史のあるあるがまた起こるのかなぁなんてことが頭を過りました。

さて、まだ二試合が終わったところですがそもそも開幕前から言われているのが「誰がジェフ・コブに勝てるのよ」という件

今回もYOSHI-HASHIをツアーオブジアイランドで抹殺したわけですが、元々ここまで格上げされていない時のジェフ・コブにですら説得力を持って勝てる選手がほぼ皆無だったのに今のジェフ・コブに完勝できる選手なんているのでしょうか?

夏場の大会はバテバテになるジェフ・コブですが今年も秋開催のG1なのでこの先どんどん気温が下がって今以上に元気一杯になるでしょうし(笑)

タイチがSANADAから勝利!ザック&タイチでロスインゴからG1で全勝を達成

いやー・・・もうかち上げエルボーがカッコよすぎてね。
短期間のパロディ技ではなくもうタイチの必殺技の1つですよねこれは。

ということで、タイチがかち上げからのブラックメフィストでSANADAから完勝。
これにてタイチがSANADAを、そしてザックが内藤と鷹木を倒してロスインゴから完勝したG1という実績をまだリーグ戦2試合目で手にしました。

試合自体も全日本プロレスの匂いを感じる名勝負でしたが・・・毎度こうなると「これどこまで今のファンに伝わるんだろう?」と思ってしまっていたんですよ。
おそらく昔からのファンと新しいファンがこの試合を語り合うと全然違う感想になるじゃないですか。

ただ、今回はもうそういうことを僕は思わなくてですね。

要するに全日本プロレスの歴史を感じる試合だけど、それ以上にこれはタイチとSANADAの今の試合なんだと。

こういう見方の変化をさせてくれたタイチとSANADAの両選手の素晴らしい戦いに勝手に感謝しています。

オカダ・カズチカがEVILを撃破し2連勝

棚橋弘至戦で蘇ったレインメーカー。
レインメーカーを封印している時点である意味ハンデをつけていたような状態を続けていたオカダ・カズチカですが、レインメーカーを解禁すれば降ってくるのが金の雨と勝ち点2の雨。

レインメーカーを封印させた上に今回は掟破りのEVILまで披露するなど全力でのG1優勝を狙っているオカダ。
全勝優勝もあるのではないか?と思うぐらいの勢いをたった2試合で思わせてくれるのはオカダぐらいでしょう。

賛否両論あったコブラクラッチも繋ぎ技になってみればあら不思議、レインメーカーへの布石になる魅力的な技になりましたし(個人的にはビジネスに置き換えても参考になりました)この盤石なオカダが最終戦でジェフコブにリベンジをして優勝決定戦へという可能性も十分にありますね。

というか・・・オカダとコブが共に全勝での最終戦なんてこともありそうだ。

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter