熊本での地震
Burning candles
スポンサーリンク

丁度一週間前。
事務所から出て携帯を開いたところ
ヤフーニュースに信じられない文字が。

「熊本で震度7」

震度7という言葉を聞くことは多いことではない。
地震大国日本に36年間住んでいても
頭に浮かぶ大地震は阪神淡路大震災、新潟中越地震
東日本大震災ぐらいなのだから、その規模の地震が
熊本で起こったというのは本当に驚いた。

無事ではあったが友人が熊本にいるし
知り合いで九州地方に住んでいている人も多く
また、読者様の中にも沢山周辺の人がいるので
まずは浮かぶ顔の安否がとても気になった。

それからというもの、熊本~大分では震度5弱以上の地震が連発。
更には大雨、突風、そして地震がありまた今日も大雨。

人間は自然の中で生きていて、特に日本という国は
豊かである反面、地震大国であり自然災害が多い国だと
あらためて考えることになった。

また、この地震において
行動した芸能人や著名人が誹謗中傷されるという
非常に嘆かわしいことが起こっていたり、
義援金詐欺や現地での詐欺や火事場泥棒などもあるようで・・・
心の底から「日本人っていつからこうなった?」と悲しくなった。

ネットを見れば日本人の韓国化が進んでいる。
というのは、韓国ではネット民が憂さ晴らしのために人を攻撃し
多くの芸能人などが自殺まで追い込まれているわけだが、
10年前の日本人はそんな光景を見て「民度が低いな」と言っていた。
しかし、見事に現時点での日本は同じような状態になっている。

自分の何の関係もない他人の色恋沙汰に燃え上がり
四六時中その相手を攻撃することに人生の一部を使う。
自分がこれまで知らなかったような企業に対して
必死に不買運動を呼びかけ、自分と接点の欠片もない人間を
中傷することだけに生きている人間もざらになった。

・・・話は逸れたが、もちろん義援金詐欺をしている人間や
現地で犯罪を犯す人間の中には当然日本人も外人もいるだろう。

そういう人間に天罰がくだることはなく、
何もしていない人々に不幸が振りかかるのが人間界。
それは矛盾でもなんでもなく、そういうものです。

ただ、多少の警戒はしないといけません。

常に加害者が悪であることは当然ですが
それを見抜ける目を持つことも重要です。

義援金詐欺に関して言えば、政治家の中でも
義援金を集めておいて「政治資金に使わせていただきます」なんて
平気でやっている人もいます。
わけのわからぬ市民団体であったり、街角の募金であったり
そこにも詐欺は多く潜んでいるのです。

いいですか、災害=稼ぎ時 と考える人間なんて腐るほどいるのです。

義援金に関しては、これは皆がしっかり考えないといけない。

まず、当事者の熊本県が義援金を求めています。
https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html

・・・ここでいいでしょ?

もしくは赤十字もあるし、有名なものがあります。

なぜ、どうして、誰かわからない人にお金を入れるんですか?

もちろん街角で必死に本気で運動している人もいますよ。
でも、確率で考えれば「熊本県に義援金を送ること」と
「街角の箱にお金を入れること」とどちらが確実かなんて
少しでも考えればわかることじゃないですか。

おれおれ詐欺と同じで、被害に合わないように
頭を動かすことって必要だと思いますよ。

さて、怒りの部分で言えば当然火事場泥棒であったり
ボランティアと称して熊本入りして犯罪をしている馬鹿野郎共です。

人間として最低のことを、人間としての生活ができないぐらい
ひどい状態になった人たちからするということについて
ちっとは考えないものなのだろうか。

極論、死刑でいいと思うレベルの犯罪ですよ。

恐らく、熊本の倒壊した住宅から金品を奪って
そのお金で自分の子どもにおもちゃを買っているような
そんな犯罪者もいることでしょう。

それが恥だと、生きる価値もない恥であることという
認識すら持っていないということが、どれだけ恥ずべきことか。

東日本大震災でも阪神淡路大震災でもあったことだが
お前たちが一度切りの人生でやることが「被災地を傷つけること」であるなら
今すぐこの世から消えていただきたい。

ついでにもう1つ。

この地震を政治利用しているマスコミ、メディア、市民団体、政治家、宗教。

お前たちは一生懸命働いてたまのお酒を飲んで必死に毎日頑張っている
ごく普通の人が半年に1回吐くゲロ以下だって認識して生きろ。

Twitter