1月5日、突如として出た中邑真輔とAJスタイルズ
カールアンダーソンとドグギャローズがWWE移籍するという噂。

前日、東京ドームで中邑真輔とAJスタイルズは熱戦を繰り広げ
試合後には拳を合わせ、そして中邑真輔はリングに両手と頭を付けて
何か不思議な空気を漂わせていただけに、この噂の信憑性は
最初から高いものだった。

そして1月5日、そんな噂が広まっている中での後楽園大会。
突如、前触れ無くAJスタイルズが自身の軍団と言えるBULLET CLUBに
裏切られて追放され、奇しくもその試合で中邑真輔はIC王者にもかかわらず
前日にジュニアヘビーのベルトを落としたケニーオメガに3カウント負け。

この時点で大方の新日本プロレスファンは「噂じゃなく事実だな」と
感じたのではないだろうか。

ネット上でも論議が続く中、一部のレスラー達が意味深なTweetをするなど
噂が確信に近づく中、ヤフートップでも報じられた中邑真輔の退団と
WWE移籍という現実が突きつけられた。

神の子と呼ばれ、新人時代から優遇されていた中邑真輔。
実力より実績になっていた彼は正直ファンからの支持を得れず
もがき苦しんでいたように見えた。

新日本プロレスの暗黒時代、同じくしてもがいていた棚橋弘至。
この二人はいつしか、その個性とプロレス愛で新日本プロレスの
太陽と月のような関係となり新日本プロレス復活を果たした。

そこに現れたオカダカズチカという存在も含めて
今のブームを巻き起こしている最中の退団。

ここ数年、新日本プロレスでは中邑真輔の存在が非常に大きく
個人的にも彼が見せる刺激が一番の楽しみであったし
まだ、本来ならここからオカダカズチカとのCHAOSトップ同士の闘いや
柴田、飯伏との闘い、そしてAJとの二戦目など楽しみがあったはずだが
全ては遠いところに消えてしまったという印象だ。

でも、行くからには世界の中邑真輔になってほしいと思うし
逆に中邑真輔やAJスタイルズを欠いた新日本プロレスは
大規模なユニット再編をするしかないだろうから
そこでこれまでのマンネリが解消されることに期待する・・・しかない。

おそらく、ここから1年は無理やりなことが起きるでしょう。
中堅レスラーに一気に実績を与えて主役にしていくことで
補っていくことが見え見えのストーリーにはファンは燃えないと思う。

ここからが正念場。どんな展開なのかをまずは楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

Twitter