今週の主役はジュニア戦士 新日本プロレス&全日本プロレスともにタイトル戦が充実
スポンサーリンク

明日は新日本プロレスと全日本プロレス両方で豪華タイトルマッチが実現します。
全日本プロレスは諏訪魔と石川の大巨人対決がメインとなり、諏訪魔が勝てば五冠王のまま→石川が勝てば新五冠王となります。

この二人がめちゃくちゃデカイですが、それ以外はジュニアが主役という感じなんですよね。

まず全日本プロレスでのセミファイナルは世界ジュニア王者の横須賀ススムに対して岩本煌史が挑戦します。


前回は横須賀ススムのヘビー級レベルの攻撃に惨敗(世界ジュニアトーナメント)してしまいましたが、ここはなんとしても結果がほしいところ。

青木篤志選手から世界ジュニアを奪った岩本煌史。
そして岩本煌史がから世界ジュニアを奪い返した青木篤志。

それから二週間後、青木篤志選手は事故死してしまったという状況があります。

ここから世界ジュニアトーナメントが半年後に開催されるわけですが、ここでベルトを手にしたのが他団体の横須賀ススムということで、この時点で、そしてそれ以降の半年間も全日本ジュニアは苦杯をなめてきました。

ただ、岩本煌史がここで世界ジュニアを取り戻して青木篤志追悼興行に世界ジュニア王者として立っていないと・・・ダメでしょ!!

意地でも、意地でも、取り返してくれると思います。

新日本プロレスは高橋ヒロムとエル・デスペラードがタイトル挑戦

一方、新日本プロレスは鷹木信悟のNEVER無差別級にエル・デスペラードが挑戦。
またメインでは高橋ヒロムがEVILの持つ二冠に挑戦するということで「ジュニアvsヘビー」の構図が生まれました。

エル・デスペラードと高橋ヒロム、ジュニア選手2名が一気にここで階級の壁をぶち壊す期待感が高まっていますね。

特に高橋ヒロムに関してはIWGPjr王者としてIWGPヘビー・インターコンチネンタルまで手に入れたら発言権が大きく増すことになりますし、以前より高橋ヒロムが提言しているG1とベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの同時開催の実現も夢じゃなくなるのではないでしょうか。

そんなジュニアが目立つ週末ですが、何やらジェイ・ホワイトが帰国する(というかしている)という噂が・・・

最後は全てジェイ・ホワイトが持っていくというケースもありそうですが、何にせよ楽しみな1日になりますね!

 

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter