先日、ある名古屋初出展のお店で食事をした時のこと。
少々並んでいたのだが、こんな光景を目にしてしまった。

店員『何名様ですか?』

自分『2名です』

店員『お客様は?』

後ろの客『あ?タメ口か?「お客様は」はタメ口だろうが!!』

店員『え?あ、申し訳ございません』

店員『申し訳ございませんが壁沿いにお並びください』

更にその後ろの客『そんな日本語俺達は知らん、壁沿いなんて言葉は無いなァ!』

店員『も、申し訳ございません・・・』

その後、店内にて

『帰るぞ!!遅いわぁ!!』(壁沿いに切れた客)

更に出口で『オマエこら社長に言うぞ、こら』(小汚い別の客)

もうね、時間帯もあるかもしれないけど
ALL50歳以上の人間が、あちこちで理不尽なクレームをつけていた。

顔も皆目が釣り上がって、典型的な酒乱顔。

僕が水商売時代に絡まれることの多かった
本当に典型的な顔の人間ばかりでした。

自分の人生に不満がある奴が
たかが安い店で、店員に対して理不尽な行動を取り
日々のストレスを発散するなんて、そりゃあなたの人生なんて
良くなるわけがないってことがわからないのかな。

また、お客様は神様という言葉は
『神様だと思え』という店側の気持ちの問題。

客側が『お客様は神様だ』なんて、
最低限レベルの性格をした人間でも言わない言葉。
それを言う『お客様』は『人間のクズ』しかいません。

そして、神様は『理不尽なことで弱者をいじめよう』なんて
思わないんじゃないですかねぇ。

そう、そしてタイトルの『なぜクレーマーは存在するのか』
この答えは『社会がゴミ掃除をしてないから』でしょう。

この件、店員にも問題はあります。

悪くもないのに謝罪したことです。

そのせいで、あのクズ人間たちは他の店でも
同じことをするでしょうし、痛い目に合うまで続けるでしょう。

日本人、自分が悪くのもないのに謝ることはやめようよ。
政治・外交でもそうだし、日常でもそうだけど、
そんなの美しいことじゃないんだから。

Twitter

おすすめ記事