iPhoneのスリープボタンが使えなくなった場合
再起動もロックもできなくなって非常に不便です。

ただ、こんな解決方法がありますのでご紹介しますね。
僕もかなり困っていたので情報シェアしておきます。

まず設定をタッチしましょ。

で、一般からのアクセシビリティを選択。

そしてAssistiveTouchをオンにします。

そうすると、画面に大きめのほくろみたいなのが出るので
それを押すと、画面のロックとかその他色々なメニューが出るので
画面操作でスリープボタンを操作することができます。

で、このスリープボタンを長押しすると当然スリープボタンと同じで
電源のオフができますが、AssistiveTouchは電源が落ちていたら
当然使うことはできないので、起動することができません。

ただ、これは皆さん該当するかわかりませんが
充電器を差してしばらくすると電源が勝手に入るので
そんな手順での再起動もできるってなわけです。

ボタン交換すれば話は速いんですけど、
たかがボタン交換だけでアップルストアで待たされてる
時間がない人もいますからね。

そんな場合はこの方法を自己責任で試してみてください。

Twitter

おすすめの記事