キャプテン翼のアプリについて書いたブログのアクセス数が伸びてますね^^;
ここは攻略ブログではなく僕の趣味ブログですし、あれはただ「勝てない人が多そうだから参考になるといいなぁ」程度で書いただけなので反響の大きさにビックリしました。

さてさて、今もキャプテン翼はプレーしています。
今回のガチャでシェスターとマーガスとミュラーが出て、先日は若林も出るという引きの良さ(無課金で)もあって、やる気はキープできています。

さて、このゲームの売りなのに崩壊している感じになりつつある「オンライン対戦」について。
毎日のミッションでオンライン対戦をしないと玉がもらえないということと、ウィークリーミッションで5試合やらないといけないので必然的に毎日1回以上はプレーしているのですが・・・

ユーザー数が減っているからなのかマッチングを中々しないことも増えてきましたし、基本的にこのゲームのオンライン対戦を10試合やるとするとそのうち8試合は「ロングシュート連発してくるだけ」のプレイヤーと当たります。

でもこれは仕方ない部分があって、ゴールキーパーのスタミナを削ってしまえば簡単にシュートが入るようになるというシステムですから、開始早々から必殺シュートを打てるだけ打ってくるプレイヤーが非常に多いわけです。

そうなると駆け引きが楽しめませんし、まぁ僕の場合はそういう相手でも勝ち負けにこだわらずに消化のためにしているだけなので普通にプレーしますが面白くないんですよね。

イラッとしたらこちらもロングシュートしまくりますが、まぁあまりそういうこともありません。

一番腹が立つのは自分はロングシュートばかり打ってくるのに、こちらが攻撃になっている時に「パスカット」「タックル」を選んで「ブロック」をしないプレイヤー。

『え、自分はロングシュート祭りなのに俺は普通にプレーすると予測してるの?図々しいなぁ』って思いますよ(笑)

キャプテン翼 オンライン対戦の戦略

それでも普通にプレーしてくれる人もいます。
そしてそういう人はやりこんでる人が多いなという印象で、必殺技も強化してB60とかばかりになっていたりしますね。
属性染めして強化している駒の多い人もいますから、面白い反面でチームが仕上がってないと苦戦します。

まずこのゲームは守備のときのコマンドに基本があると思うのです。

1対1の場面なら、相手の必殺技やポジションによって行動を読んで選択するのが基本です。
1対2で守るときなら1人目はタックル、2人目はパスカット(ゴール前でシュートを警戒する時以外)
1対3でなら1人目はタックル、2人目はタックルかパスカット、3人目はパスカットという感じになるでしょう。

このゲームの選択肢は攻撃側はシュート・ドリブル・パス(ワンツー)守備側はブロック・タックル・パスカットで3すくみになっていて、それぞれシュートにはブロック、ドリブルにはタックル、パスにはパスカットで対応するわけです。

ドリブルの場合は次にパスというコマンドの可能性がありますが、パスの場合は相手全てに対してパスとなりますから、初手はタックルで2番目以降でパスカットすれば基本的に対応できます。

あとはキャラの能力、必殺技の有無、クリティカルの有無で結果が変わりますが確率論的にはこういう形が正解だと思います。

次に、多くの場合で「ワンツー必殺技で一気にゴール前まで来てシュート」という形が最も有効で効率的なためにこれは必殺技を持っているキャラなら誰でも狙ってくる戦略です。

ただ、それを囮にしてパスカットを単純に狙うと、ドリブル必殺技で抜くとか直接シュートしてくるケースもあります。
この駆け引きがこのゲームの唯一に近い駆け引きのような気がします(笑)

でも今のままだと1年後には相当過疎っているんじゃないかなと思います。
ただ少し改善するだけでも違うと思うんですよ。

・バックパスを通りやすくする
・コーナーキックの守備をパスカット対応するのかマークにつくのか選択できる
・キーパーがペナルティエリア内でちゃんと動くようにする
・ファミコン版であったような「スルー」を追加
・むちゃくちゃな距離からのシュートの弱体化、もしくは距離が遠いとそれだけスタミナの消費が多くなるなど
・DFやボランチをもっと前に出せるような戦略の追加
・色々なキャラが活躍できるように調子で能力を変える(ウイイレ的な)
・トーナメント戦の追加

思いつくところでこれぐらいですね。これなら面白くなるのではないかな・・・。
今のままだとシンプルに理不尽みたいなことが多いですし、僕は世代なので楽しめてますがそうでない人はサッカーゲームとしては認識しないでしょうからね。

Twitter

おすすめ記事