神奈川県座間市の事件。
短期間で9人を殺害し頭部を部屋のクーラボックスに入れ
異臭がするような状態になっていたという状況を聞くと
とても胸くそ悪いわけですが、この事件は疑問点も多いですね。

確かに死にたい死にたいと言っている人は世の中に多いですし
リストカットした画像をアップしたり、でもそれがその人からの
SOSではなくてただの自慢みたいな人もいるという中で
本質はネットからではわからないですけど、それにしたって
「死にたいなら会いましょう、家にこない?」みたいな誘いを
ツイッターでされて10代20代の女子がポンポンと毎週釣れるのか?と。

多分、次の頭のおかしいやつがこの手法で女の子を釣ろうとしたり
二次被害が出ると思いますよ、この手法が事実ならね。

次に思うのは、異臭というか死臭というか
9人分のそんな匂いがする中で周囲の人間が誰も通報しないとか
(していたのかもしれないけど神奈川県警だとね・・・)
部屋は広くなくユニットバスの中で次々と人間を解体して
それらをゴミ袋に入れて毎週出しているなんて状況が本当に可能なのか?

事件が発覚したのは被害者の兄が行動を起こしたからで
これがなかったらまだまだ増えていたと思われる事件だけど
10代が4人、連絡がつかなくなって親は何をしていたんだろうか?
友人の1人や2人もいただろうに・・・。

ただ、怖いのはこれが「殺したい人」「死にたい人」の
利害関係が一致していると言われればそれまでで
死人に口なしだし、例えば被害者のツイッターアカウントなどが判明して
「一緒に死ねる人募集」とか「殺してくれる人募集」とかで
呼びかけていた日には嘱託殺人で処理される可能性もあること。

そうなると一部の人間に対してはカリスマ性を持ってしまうし
(ただでさえ猟奇殺人犯にはファンがつくもの)
模倣犯も出てきてしまうこと、これが怖い。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事