10月後半からhuluでウォーキングデッドシーズン8が放送されるので
大急ぎでシーズン7を全て見ました。

シーズン6の最後は怖い怖いニーガンにリックらが跪いて
釘バットで誰が殺されるか?という状態で終わりましたが
シーズン7の第一話はスタートの話でもあり1つの結末でもあって
・・・あのキャラとあのキャラが惨殺されました。

あそこまでやらなくても・・・とも思いますし
胸糞悪いし悲しい結末でしたが
それだけニーガンの悪役が立ちますし、心を折られたリックたちの
そこからの巻き返しが楽しみになるという感じですね。

ゾンビ映画だったのはほんの最初だけで
ウォーキングデッドというドラマはゾンビ映画の中の
人間同士の争いというのが主を締めています。

今作のシーズン7でもウォーカー(ゾンビ)の恐怖はあまりなく
人間同士の怖さという部分がしっかり出ています。

まぁリックたちもニーガン一味を最初に大量に殺しているので
自業自得なところがあるだけに、正義ってどこにあるんだろう?
なんて思いながら見るのですが、結局は勝ったものが正義になるのが荒廃した世界。

ハッピーエンドとか幸せというのをもとめる視聴者も多いようですが
この手の映画なんですから、絶望のほうが多いぐらいの内容で攻めてもらいたいものです。

ところで、シーズン8の予告編を見たのですが
あの最後のシーンは一体・・・?

年老いたリック?

まさかの夢オチ・・・だったら流石に切れますが
一気に時間が進む展開になるのでしょうか。

何にしても楽しみですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事