尊敬の念

0歳で死にかけて
その後、さかい動物病院のさかい先生に助けてもらい
11歳まで色々なことを乗り越えて長生きしました。

人懐っこく、私が体調を崩して寝込んだ時はずっと枕元にいてくれたり。

魂があるならたまに遊びに来てくれると思うので
これからも何か面白いものを見せてあげたいなと思います。

うさぎに尊敬するとはね・・・

たくましく優しい、そうありたいなと思います。

Diaryの関連記事
  • うわさのキッス
  • 前田日明復帰?
  • 税金の自由化なんてどうだろう?
  • 飲む輸血を飲みながら
  • セクハラになるもならぬも本人次第
  • 自動車教習所の悪意あるひっかけ問題

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事
Diary
久しぶりに清水駅近くのカフェティエさんに出向いた。 近くにいたわけではないのですが、某S先生から届いた写真に 何らかの嗅覚が動いたのでしょう...
Diary
10月からスタートしたダイエットと 昨年から開始したトレーニング。 ダイエットに関しては40日で3.5キロ減、 筋力的にはまぁ見た目が変わっ...
再生数20,000突破
ビジネス
嬉しい事に、こちらの動画が再生数20000を超えました。 2009年ぐらいにアップした1時間しゃべっているだけの動画は30,000を超えてい...
競馬特番っぽいチャンネルの撮影風景
Diary
↑の画像のように、まずはしっかり打ち合わせ。 競馬ファンが面白く感じつつ、競馬ファン以外も面白く 感じてもらうようなラインを探さないといけな...
休暇。竹島。
Diary
蒲郡にある竹島へ行ってきました。 長い橋の向こうにある小さな島なのですが その中には沢山の神がいるということで 「俺の頑張りに見合うエネルギ...
Diary
先日、名古屋競馬の騎手であり友人の加藤誓ニ君と ビアガーデンに行った時にその日に使用したばかりの ゴーグルをプレゼントしてもらいました。 う...
1993-2018
Diary
ドーハの悲劇で泣いたのが私が13歳の時。 そこからジョホールバルの歓喜が1997年。 日本の初ワールドカップはキングカズと北澤が 代表落ちす...
水商売への偏見に悩む必要はない
Diary
僕がスナックでチーフをしていたのが18歳から27歳ぐらいまで。 名古屋錦三丁目に金髪の若い兄ちゃんが働いていたら、そりゃお客さんに絡まれても...