愛しの桜玉吉先生 日々我人間

僕の世代的にファミ通で「しあわせのかたち」を
読んでいた人も多いんじゃないかと思いますが、
それ以来、ずっとファンの桜玉吉先生。

なんでしょう、読んでると幸せになるんです。
玉吉さんがムカデやリスと伊豆で戦っていたり
ネカフェで隣の女の屁に怒っていたり・・・

憧れるんだよなぁ・・・。

関連キーワード
Diaryの関連記事
  • ほころびてる傷を埋めるのは 僕が僕で在り続けるため
  • うわさのキッス
  • 前田日明復帰?
  • 税金の自由化なんてどうだろう?
  • 飲む輸血を飲みながら
  • セクハラになるもならぬも本人次第

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事
競馬本を出版するためには
ライティング
年間で10名ぐらいの方から「競馬本を出すにはどうすればいいの?」と聞かれます。3冊発売した僕の考えですが、これには1つコツがあるんですね。『...
狂気と心地良さ 映画セッション
Diary
半端ない映画、セッション。 これは細かいことを言わずに見て感じてほしいですが 映画の中のセリフ「危険なのは、上出来(グッジョブ)という言葉だ...
前田日明復帰?
Diary
プロレス界のレジェンド、藤波辰爾(64)が22日、都内でスポーツ報知の取材に応じ、復帰を呼びかけている前田日明氏(59)から「あと1年半、時...
確定申告
ビジネス
確定申告の季節です。今年もコツコツ自分で手入力してから8年お世話になっている会計士さんに修正してもらい申告。支払いも終了しました。担当だった...
追いついて、追いこしてしまって
Diary
あれは小学生の頃。 TVの中で5人の怪獣が奏でる演奏に衝撃を受けてそれ以来、熱狂的なファンになり、お小遣いを全てつぎ込んで自分も楽器を始める...
ビジネスセンス
ビジネス
2014年という名前の1年間は僕にとってビジネスセンスのある人とない人に出会い続ける1年間になりました。ビジネスセンスの無い人にも色々なパタ...
辛いところ
ビジネス
文字を書く、文章を書くこれは人に伝えるための物であり人間のみが持っている(であろう)武器であり道具です。しかし、これが読まれないと意味がない...